元ラファエルのマネージャー、ジャン君がチャンネル独立。ヒットが予見される3つの理由がすごい!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、もともと超有名YouTuberラファエルさんの右腕としてマネージャーを務めていたジャン君がチャンネルを独立しましたので、分析をしていきたいと思います。

ジャン君は「ジャン君 Jamkun」という名前で2019年5月4日にチャンネルを開始。

実際の動画投稿は2019年6月29日から開始しており、6月30日現在でチャンネル登録者数6万8千人、投稿動画は2本となっています。

巷ではすでにこの「ジャン君チャンネル」が大ヒットの予感と噂されており、筆者も同感です。

実際既にジャン君チャンネルは、6月30日時点での急上昇に乗っており、その勢いは申し分ないと言っていいでしょう。

その理由を大きくまとめていきたいと思います。

  • とにかく「可愛い」チャンネル
  • ラファエル・イーサンのアンチが味方
  • アウトドアの画が癒される

一つずつ見ていきたいと思います。

↓ラファエルサブチャンネルにて、「辞めた理由」という動画が出ていますので参考にどうぞ。ネタ動画っぽいですがところどころ本音が出ているように見えますね。

とにかく「可愛い」チャンネル

YouTuberのチャンネルの大原則として、「応援したい」と思わせることが何よりも大事です。

「応援したい」という要素をもう少し詳しく分解すると、「頑張ってる」「親近感がある」「少しおっちょこちょい」「バックグラウンドがある」などの要素が含まれます。

ジャン君はもともとポンコツマネージャーとして異名がつくほどの「仕事ができないキャラ」でした。もちろんラファエルさんの側近を務めていたぐらいですから、実際は仕事ができるんですよ。

しかしこのジャン君のチャンネルでは、故意か能力かはまだ見定めていますが編集を極限まで削減しています。

「ポンコツだった自分が、成長していく過程」を写していくチャンネルのサブテーマがあるということですね。

ラファエル・イーサンのアンチが味方

ジャン君はラファエルチャンネルでは「いじられキャラ」であり、新しくマネージャーで参入したイーサンの下位互換として扱われていました。

能力を機にするラファエルさんに対して、視聴者はジャン君のキャラクターに魅了されている人が非常に多く、「ポンコツキャラ」が逆に愛されキャラとして機能していました。

実際、現在2本しか上がっていないコメント欄でも「イーサンより好き」「ラファエルを見返してやれ」など、数多くの「ラファエルアンチコメント」が書かれています。

「敵の敵は味方」理論から、多くの支持を得ているということなんですね。

話題性も豊富であり、シバターさんやヒカルさん、まえっさんとの今後のコラボが期待できますね。

↓ラファエルさんはラファエルさんで成功していますので、その分析もこちらでしています↓

アウトドアの画が癒される

ジャン君チャンネルのテーマは「アウトドア」です。具体的にはキャンプが趣味のため、そのキャンプの映像を投稿していく方針のようです。

↓どこかサムネイルもラファエルチャンネルの名残を感じますね。ジャン君なりの編集で頑張っています。

自然の映像は非常に癒しになります。「自然×ジャン君」という癒し構図が、多くのチャンネル登録者数を予見させますね。

キャンプについても知識はある程度あるようなのですが、自分の感想が強すぎて客観的な説明が足りないところなどが可愛いですよね。

ジャン君チャンネルのまとめと今後の展望

そんなジャン君チャンネルですが、今後の展望(マイルストーン)は以下のように予測されます。(筆者の予想です)

長期マイルストーン:ラファエルとのコラボレーション。これがゴール設定の一つですね。「逆襲動画」が壮大なシナリオだと思われます。

中期マイルストーン:ラファエルの周りの人物とのコラボレーション(ヒカルさんやシバターさん、イーサンなど)を通じ、ラファエルさんへの逆襲の機会を伺っていく。

短期マイルストーン:ラファエル・イーサンアンチの獲得、独自チャンネル登録者数の獲得。編集技術の習得および外注化。

こんな感じでしょうか。お世話になったラファエルさんに、優秀になった姿を見せるという展開はとても数字を持っている要素が強いのでそこだと思いますね。

最終的には「強くなったジャン君」とラファエルさんとのコラボレーションで、「やっぱりポンコツなジャン君」というオチが見られるのではないでしょうか。

今後に期待ですね。まさに「期待の新人」です。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です