YouTuber養成学校が流行る中、自分で道を切り開くことの意義を再度提唱したい

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。いきなりですが、YouTuberを目指すことの意義って、何だと思いますか?

大きくは「お金を稼ぐため」「有名になって影響力を持つため」の2つがトップに上がると思います。

それでは、有名YouTuberを目指す過程で実際に手に入れられるものって、何だと思いますか?

「もともと目指していたもの」と「実際に手に入るもの」のギャップが大きく生じている事を正しく理解し、進むべき道を自分で切り開いて行かないといけませんよ、という記事になります。

「仕事やめてYouTuberになる」というフレーズをよく耳にしますが、YouTuberも立派な仕事ですよ。ビジネスに向き合う姿勢で取り組まなければ成功しません。

YouTuber養成学校って、何してるの?

例えばあなたが漠然と「YouTuberになりたい!」と感じているとします。その理由はおそらく「お金が稼げそうだから」や「最近よくテレビで見るし、自分も有名になりたいから」という気持ちが強いのではないでしょうか。

しかし、いざあなたがYouTubeに動画をアップロードしようとしても、まずはどうしていいのかわからない事がほとんどだと思います。アップロードボタンを押してスマホのムービーを選択すればそれだけで動画は上がりますが、

Googleアカウントを保有していないのでチャンネルが作成できなかったり、編集ソフトは何を使えばいいのかわからなかったり、動画を倍速にしたり、いらない部分をカットしたりの方法がどうしていいかわからなかったり、作ってみたは良いものの重すぎて書き出せなかったり・・・

そういう技術的な側面で起こる障壁を一つ一つ基本から解説してくれるのが、YouTuber養成学校なのです。

まず何をしたら良いかを体系立てて教えてくれ、また実際に決められた「お題」で動画を撮影して、生徒同士がフィードバックし合い、編集技術を磨いていく。

合宿やセミナーを通じた場の「一体感」が、モチベーションアップにつながっていく環境を生み出してくれる、そういう場所なのです。

でも、ちょっと待ってください。

こうした養成所を否定するわけではないのですが、「自分で道を切り開くことの重要性」に気づいて欲しいんです。

自分で道を切り開くことの重要性

もちろん体系立てて動画制作の技術を学ぶことは非常に素晴らしいと思います。しかし一方で「人から教えてもらった事には、一定程度の価値しか生まれない」という危険性が潜んでいるのです。

なぜYouTuberが流行りだしたのか?

YouTuberが流行りだした最大のきっかけは、コンテンツの面白さそのものではなく、既存プラットフォームにおいて、素人が企画管理を行い顔出し動画をアップロードするという取組の先行者だからです。

先行者利益が失われている今、新たにYouTuberとして情報発信をしても成功するためには相当なセンスが要求されることでしょう。そして、そのセンスを持っている方は最早「YouTuber」として自己表現をする事に旨味はないのです。

「稼げそうだから」という安易な気持ちが根底にあるようでは、本当の意味での成功からは遠く離れていってしまうでしょう。成功者の軌跡を視野に捉えることが大切なのです。

YouTubeというプラットフォームに囚われるな

あなたが今からどれだけ努力しても、HIKAKINにはなれません。しかしあなたがYouTuberを目指す過程で得た知識、技術を新たなプラットフォームに転用すればパイオニアになれます。

例えば、ライブ配信で有名な17Live。2019年6月からゲーム実況者のライブ配信をするライバープロジェクトを開始したことをご存知ですか?

↓ちなみに「ライブ配信」については、絶対に行ったほうが良いです。「時代」がライブ配信を後押ししていますから。

こういった「業界の最新情報」に触れる事が、あなたの成功を手助けすることは間違い無いでしょう。間違ってもニュース情報に触れることはあなたにとってのデメリットにはなりませんから。

不変の技術を手に入れて、その使い所をYouTubeに縛る必要は決してありません。インフルエンサーマーケティングという概念やお金の流れを覚えたあなたは、他のインターネットビジネスに転用することもできるからです。

成功者を分析することの重要性

成功者は、時代の流れとともに変化し続けている

ボイスパーカッションで成功したHIKAKINさんも、祭りくじ動画で有名になったヒカルさんも、ずっとその動画に固執しているわけではありません。

彼らは変化を捉えてこの市場に参入してきたわけですから、確りとしたビジネス目線を持って動画投稿を行なっています。「何故」この編集を取り入れているのか、「何故」いつも決まった時期にこの動画を出すのか。

そういった些細な疑問を分析、深掘りしてくと、成功者に見えてくる「共通点」がいくつか浮き彫りになってくるはずです。もちろん不安定な業界なので絶対のルールはありませんが、YouTuberの方は自分なりに分析したルールを身につけ、発信していってください。

↓その中でも、一年間のスケジュールを組んだ方が良いという話です。成功YouTuberに共通する一つのポイントとなっていることは間違い無いでしょう。

「真似」と「パクリ」は大きく違う

あなたが祭りくじ動画を行なったところで、一定の再生回数は稼げるもののあなたにつくファンは急増しないでしょう。しかしあなたが「社会の闇」を暴くための買い占めや取材を行なった場合は大きく評価され、知名度に影響することでしょう。

企画そのものをパクるのではなくて、何故その企画がヒットしているのかの要因を分析して同じ軸で動画を発信することは、非常に価値のあることなのです。

そこを履き違えてはいけません。

日々、反省を忘れない

動画投稿を行う上で最も大切なのは「反省」です。なぜあなたの動画はヒットしていないのか?チャンネル登録者数が増えないのか?何故この動画だけ異様に再生されているのか?

SNSを有効活用することも忘れないで下さい。ツイッターやTikTokでアカウントを育てることはあなたのインターネットビジネスに直結し、なおかつ作ったカウントやフォロワーは仮にあなたが失敗しても残り続けます。

当サイトでは、成功を目指して日々反省と成長を繰り返すあなたを応援しています。このサイトにたどり着いたあなたにとっては、大きく役立つ情報がたくさん転がっていることでしょう。

是非、YouTuber分析の中で参考になる記事を探して自分のものにしていってください。

↓まずはこちらから読んでみてはどうでしょうか。YouTuberのステージについて解説しています。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です