YouTuberのマネタイズ方法まとめ:インフルエンサーになることの重要性と一般人がすぐ実践できるSNS戦略

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

この数年でYouTuberが非常に注目され、最近ではHIKAKINさんをはじめとして水溜りボンドさん、フィッシャーズさん、禁断ボーイズさんなど多くの方がテレビ出演する時代となりました。

この流れは双方向で、テレビに出演している芸能人もYouTuberとして動画投稿を開始するなど「メディアの流動化」が始まっています。

有名になると、何が起こる?

この記事を読まれている皆様は、少なからずYouTuberというビジネスモデルに興味がある方がほとんどでしょうから、今回はYouTuberから学ぶ様々なインフルエンサーマーケティングについて見ていきましょう。

恐らく、「有名人=お金持ち」という漠然とした方程式は頭の中にあっても、実際どのようにお金が流れているのか具体的にイメージできる人は半数程度ではないでしょうか。

それでは、有名になるとどのようなビジネス展開ができるのかを実際に見ていきたいと思います。

①広告収入

YouTuberは自身の動画をYouTubeへアップロードし、収入を得ています。その方法の一つで最も認知されている方法が「広告収入」です。

動画を再生すると広告が流れますよね。広告主である企業や個人がGoogleと契約を行い、一定視聴数が見込めるチャンネルに自社製品・サービスの広告を貼り付けることでYouTuberが掲載料をもらうモデルです。

広告料は可変的で、その金額を明示することはガイドライン上不適切とされているため具体的な金額はブラックボックスですが、「おおよそ一再生0.05円〜1円」の中で、カテゴリを特化すればするほどその単価は上昇していきます。

例えば、ゲーム実況チャンネルにゲームアプリ広告を、クッキングチャンネルに料理教室広告を、などコンバージョンが高いと想定されるものの広告料は高くなります。

逆に、検証系やトークチャンネルは視聴者が何を目的で見に来ているのかが分かりにくいため、広告単価は低くなる傾向があります。

②企業案件

広告主がYouTuberへ直接お金を払い、動画上で自社製品を紹介してもらうスキームです。

YouTuberが実際にアプリで遊んでもらった感想を面白おかしく紹介している動画を見たことは無いでしょうか。あれが企業案件です。

企業案件の相場は「チャンネル登録者数の1.5倍」などと一部ではささやかれていますが、こちらも直接金額を開示することはふさわしくありません。

しかしながら登録者数100万人のYouTuberにサービスを紹介してもらうことは、コンバージョンに繋がらなくても相当な認知拡大が見込めるためお金の動きも大きいのでしょう。

③メディア掲載

広告収入と企業案件はすぐにイメージできる人が多いかもしれませんが、ここからがインフルエンサーの醍醐味です。

ヴィレッジヴァンガード等で「YouTuberコーナー」なるものを見たことがある人は、YouTuberの雑誌が一面に広がっている光景を目にしたことがあると思います。

意外と知られていないですが、紙媒体、WEB媒体の双方でYouTuberインタビューを掲載したいというニーズは非常に多く、掲載料として収入が発生しています。YouTuberはファンビジネスですので、専門雑誌の刊行需要は大きいのです。

④ライブ・物販

スカイピースさんの全国ツアーや水溜りボンドさんのトークライブなど、今はYouTuberがライブを行う時代になってきています。ファンはもはや音楽のクオリティよりも「ネットアイドルに会える」ことに価値を見出しているのです。

単価の高いライブチケットに加え、Tシャツやタオル、サイリウムなどの付属物販。また100万人到達限定グッズの販売など多くのグッズ販売による収益はバカになりません。

↓「ライブ×YouTuber」大成功者のスカイピースさんの分析記事です。

⑤コンサルティング

新規ビジネスである「YouTuber」は、一部の先行者利益で生き残っている人とビジネス戦略を明確に組んでいる人との差が徐々に生まれ始めています。人気YouTuberでも再生されない人が出てきている、などがその典型的な例です。

成功者はノウハウをゴールド・ディガー(利益を追い求める人)に伝えるだけで利益になります。芸能人YouTuberの窓口を行なっているラファエルさんなどがその典型的な例でしょうね。

近年では、YouTuber専門学校なども誕生しています。このモデルもノウハウ教授であるコンサルティング・ビジネスの一つですね。

⑥スポンサー掲載

Twitterなどで「スポンサー募集」というツイートを見たことはないでしょうか。これはある一定数のフォロワーを獲得しているアカウントが「私のトップツイートやプロフィール、定期ツイートによって指定のアカウントを宣伝しますよ」という意味が込められています。

逆に、スポンサーとなりたい人が積極的にスポンサー主を探していたりもします。スポンサービジネスはツイッターやインスタグラムで一般的なビジネスモデルとなっていますね。

当然、YouTuberはスポンサー掲載をするだけの実力があるため、事務所ぞに所属していないYouTuberであれば積極的にスポンサービジネスを行なっています。

なお対象のインフルエンサーが特定の事務所に所属している場合は、事務所を通すことになるので個人の広告などは難しい場合が多いです。

SNSでフォロワーの多いアカウントを作ろう!

一般人がいきなりYouTuberのような影響力を持つことは非常に難しいですが、これらのビジネスモデルから学べることの一つとして、一般人でも毎日コツコツと近づける方法があります。

それは「SNSアカウントを育成する」という事です。

今はツイッターやインスタグラム、Facebookなど、何らかのSNSへ登録しているという人がほとんどでしょう。それらのフォロワーを増やすことが影響力を持つ第一歩なのです。

仮に、フォロワーが1万人のアカウントを作ることができれば、もうそのアカウントは月間インプレッション(自身の発信したつぶやき情報がフォロワーの目に止まる月間の回数)を強みとして、月間数万円のスポンサーを付けることは容易でしょう。

とはいえ、いきなり自分のアカウントでフォロワー獲得のためのツイートを行い始めると、「うわ、何だアイツ」と気持ち悪がられることがほとんどでしょう。

そのため、何かになりきったアカウントや専門性の高いアカウントを作成して、情報発信をし続けることが大切になってきます。

仮にフォロワー1万人のアカウントを作成できれば、仮にYouTuberとして自分がデビューする時、YouTuberとして無名の状態でもいきなり1万フォロワーの拡散力を使えますからね。何をするにも損はないでしょう。

たまに「現金プレゼント企画!リツイートすると全員にお金をあげます!」というような胡散臭いつぶやきを目にしますが、あれもアカウントを育成する(ルール的にはアウトだと思いますが)戦略と言っていいでしょう。

ほとんどノーリスクで行える種まき、今日から皆さんも行なってみては?

↓YouTuberとしてスタートする人は、こちらの記事から読んでみてください。

それでは。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です