絶望だが共感できる!Fラン大学就職チャンネルさんの世界観がすごい!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、そこまで規模が大きくなくても非常に多くの再生数を稼いでいる「Fラン大学就職チャンネル」さんをご紹介していきたいと思います。

可愛いキャラクターが痛烈な社会風刺を繰り広げるこのチャンネル、社会人は感じるところが非常に多いと思います。

Fラン大学就職チャンネルさんの基本情報

2016年7月から動画投稿を開始し3年、チャンネル登録者数は8万人と、決して大物YouTuberには及びませんが、総再生回数は2,900万回とこのチャンネル規模の中では爆発的な数字を誇るチャンネルです。

内容は、就職活動を中心とした「働く」とうことに対し、社会を風刺した面白おかしいパロディをフリー画像のキャラクターと共に展開しているチャンネルです。

↓「アカイ〜闇に舞い降りた求職者〜」より。こんな感じの画角です。

非常にシュールな世界観ですよね。音声は全て機械の自動読み上げを利用しており、無機質な音声がよりシュールさを演出しています。

もともと作者はニコニコ動画出身で、ニコニコ動画の高評価作品をYouTubeへ持ち込んでいるとも言われていますね。

しかしながら昨今、文章を自動音声で読み上げている映像作品や実写で人物が登場しない作品は評価が下げられる可能性が高まってきました。

YouTube側の言い分としては「そのような作品は模倣が可能」との事でしたので、きちんと作り込まれているFラン大学就職チャンネルさんの動画はどう評価されるのかは不明ですが。ちなみに2019年7月現在、まだ動画に広告はついていますね。

それでは、筆者オススメの動画を紹介していきます。

Fラン大学就活チャンネルさんのオススメ動画

アカイ〜闇に舞い降りた求職者〜

あまりに失礼な求職者を前に絶対に面接を通したくない現場責任者、人手不足なので絶対に採用したい経営者、失礼な態度を貫き雇われないことを目的とする求職者の3人で展開されるストーリーです。「不合理に身を委ねてこそ、面接」が個人的に最もシュールな名言です。

ニートと虎

ニートの息子がゲームを買うために家族にお金をせびるところから始まる、マネーの虎のパロディストーリー。初っ端の家族会議の悲壮感、世紀末感は凄まじく、引き込まれてしまうでしょう。

短編なので見やすく、複数編あるのでお気に入りの作品が見つかるでしょう。家族の性格は同一なので、パラレルワールドを体験してみてください。最終話では、まさかの今まで黙っていた妹が金を要求するという展開が訪れます。

マウンティングセンサー

マウンティング行為をしたものに攻撃する「マウンティングマシーン」が存在する世界の物語。イケメンや金持ちなどを含め、自分の言葉一つ一つがマウンティングだと気付いていない社会に一石を投じるショートストーリー。

「マウンティングをカンチ、タシャヨリスグレルのはヤメましょう」

まとめ:風刺作品は需要がある!

Fラン大学就職チャンネルの動画が再生されているという事実からある程度想像できる通り、世の中には自分のステータスにコンプレックスを持つ人が多数存在しているため、コンプレックスを肯定する動画や共感を呼ぶ動画は評価されます。

しかし一方で、YouTubeガイドラインの変更によって実写でない作品動画は広告収入が減じてしまう危険性が大いに存在するため、映像作品はきちんと評価されるプラットフォームで提供するのがいいとも思います。

↓実写とは少し異なるチャンネルを紹介させていただきましたので、実写でのネタ配置などは下記をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です