「概要欄」をうまく使って検索流入やコミュニケーションを増やそう!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

YouTubeで動画を投稿する際に、「概要欄」と言うものがありますよね。あまり意識して運用されている方は少ないのですが、実はこの概要欄、うまく使うと動画をたくさん見てもらえたり、検索流入を促進できたりと、様々なメリットがあるのです。

YouTube動画における概要欄とは?

そもそも概要欄とは、YouTubeが動画をアップロードする際に動画の補足説明として活用することができるように設けられたフリースペースの事です。

上述のスペースの事ですね。後述しますが、東海オンエアさんは↑のように概要欄を「フル活用」しているクリエイターなのです。

さて、そんな概要欄ですが、きちんとメンテナンスすることでクリエイターにとって様々なプラスを生み出す場所でもあります。一つずつ紹介していきましょう。

外部リンクへの誘導

クリエイターはYouTubeチャンネルのみならず、Twitter、Instagram、Facebook、オリジナルファンサイト等の「自分を表現するSNS」を複数持ち合わせていることが一般的です。

それぞれのアカウントでフォローしているファン層は微妙に異なっているため、各アカウント同士を相互リンクで結ぶことにより総分母が増え、かつ自分の他の面を見てもらうことによりファンとしての強さが上がって来ます。

YouTube、Tik Tokで求められている部分は「コンテンツ」であり、TwitterやInstagramでは「日常」、17LiveやSHOWROOMでは「コミュニケーション」、ファンサイトでは「物販、イベント」と、それぞれ別の役割を持つSNS同士を繋げる事は非常に重要です。

上級者になると「Amazon欲しい物リスト」をリンクとして張っているYouTuberの方もいます。おねだりが強いこのリンクは一長一短ですが、何かプレゼントをあげたいと言うファンが目安になる欲しいものリストはコアなファンにとってはとても助かる目録となっています。

このように、外部リンクへの接続はYouTube動画の枠の外にある「キャラクター」を好きになってもらうために有効な手段であると言えます。

動画説明文の補足による検索補助

動画タイトルは文字数問題から、人を惹きつけるためのキャッチコピーとして最適化された文章を配置することが検索戦略で重要視されています。

しかしながら一方で、動画タイトルだけでは逃してしまう検索流入も存在しているのです。例えば、「家系ラーメン」と呼ばれる大人気ラーメンのジャンルがありますよね。

筆者は早稲田大学出身なのですが、早稲田にある「武道家」と言う家系ラーメン店舗のレビューを目的とした動画をアップロードした際に、タイトルにひっくるめる検索ワードが「武道家」のみである場合、「早稲田 家系」「早稲田 ラーメン」「家系 人気 東西線」などのありそうな検索ワードを逃してしまうことになります。

ここで概要欄に「東西線早稲田駅にある学生に大人気の家系ラーメン「武道家」の紹介です」のような一文を差し込んでおけば、タイトルのみで拾いきれなかった検索ワードを引っかけられる可能性が出てきます。

このように、概要欄でタイトル周りの補足情報を細かく設定しておくことで、判断する材料をGoogleに与えておくことが重要なのです。加えてこれらの新規ワードで飛び込んでくる視聴者は新規の可能性が高いので、視聴者獲得にもつながる可能性が高まります。

「読み物」としてのテキストコラム

概要欄はその場所をフリーで使うことができる性質上、ブログ記事と同様の「読み物」としてのスペースとして活用することも可能です。東海オンエアさんの動画はこの概要欄を完全に読み物化しており、概要欄だけでも面白く、思わず他の概要欄も読んでしまいたくなるような仕掛けを打っています。

↓その他、東海オンエアさんの戦略についての記事はこちらからどうぞ

他にもヒカルさんは概要欄で1動画につき動画にまつわる1質問を回答する形式を採用しており、クスッと笑えるパーソナリティを隠しこむことで連鎖反応を狙っています。ラファエルさんの「挨拶連鎖」と同様の仕掛けです。

コアなファンはそのクリエイターに関連する情報を可能な限り集めることそれ自体に強い快感を覚えているため、情報を発信する場を動画の中においてあげると喜びます。

まとめ:概要欄のメンテナンスはメリットしかない

概要欄に様々な役割があることを紹介させていただきましたが、この概要欄の最も優れている点は「興味のない人は見なくても良い」と言う所にあります。

動画内で仕掛けを打つと必ず賛否両論がきます。例えば最初にサマリー動画を15秒流すと言う一般的になりつつある編集技法も「飛ばして見たい」と言うような声が上がるなど、変化やアクションには必ず両方の意見が存在します。

ところがこの概要欄は「見る必要のない」部分であるため、必要な人に必要な情報を能動的に取得してもらうスタイルです。従って、この概要欄をメンテナンスすると言うことは、それらの人に対しての、また検索流入の機会損失を減らすためのメリットしかない手段なんですね。

クリエイターの皆さん、是非概要欄はフル活用して見てください。

↓その他にもプラスになる運営上の情報として、動画をアップロードする時間帯の記事も書いておりますので参考にして見てください。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です