ラファエルサブチャンネル「ニュース解説」YouTuberからテレビを目指す戦略

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、あの超有名YouTuberラファエルさんのサブチャンネルで敏腕マネージャーとともに最近行われている「社会問題や話題になっているニュース解説」について見ていきたいと思います。

↓今回はサブチャンネルのフォーカスですので、ラファエルさんそのものの座組みや分析はこちらからご覧になってください↓

もともと経済に詳しいラファエルさん

今でこそドッキリや女関係、成金のキャラクターが完全に定着しているラファエルさんですが、もともとFXや景気分析などの動画を上げていたラファエルさん。

サラリーマン時代に法人営業部に従事していたこともあり、景気動向や経済ニュースはマストでチェックしていたそうです。本人曰く、投資家としての資質もあるそうだとか。

また、知識の探究心が甚だしいラファエルさんは、ちゃんとわからないことは立場を別にして質問したり聞き入ったりするという謙虚な部分もありますよね。

サブチャンネルでのニュース解説

最近、サブチャンネルで無編集+垂れ流しの動画で話題のニュースや死刑是非、虐待是非などについての「社会問題」やニュースの解説を番組風に行なっています。

作業工数を嫌うラファエルさんがこの番組に求めるコンセプトは、あくまでも自分の常識の範囲内でニュースに対するリアクションを取ることで、頭の良さや社会的な考え方のマトモさをアピールすること。

テレビ番組への出演も見据えた、最小工数でリハーサルのできる取り組みとして安定しています。再生回数は10万回前後ですが、込み込み30分で時給数万円と捉えればかなりコスパは良いでしょう。

加えて、ラファエルさんが厳選した敏腕マネージャーのイーサン、エルくんの存在が大きいです。

高IQマネージャー、イーサン、エルくん

↓でもある通り、敏腕マネージャーとして名の高いイーサン。

イーサンに加え、エルくんも最近高IQマネージャとして有名です。二人とも海外経験があることが共通していますね。

この2人を横に置きながらニュースや社会問題を議論することで、軌道修正の役割を果たしています。マネージャーの二人もあくまでも「ラファエルさんを立てる」役割を持っているため、自分の意見で押し切るというような構図にはなっていませんが、うまく誘導できています。

あくまでもテレビを意識した構成

大画面で見ても差し支えないような4K動画や、有名人との共演、トーク力の磨きなど全てがテレビに直結するような動きをとっているラファエルさん。

ニュース番組を将来見据えた行動といっても過言ではないかもしれませんね。「自分のメディア」を持っていることの強さを最大限生かして、ミスをいつでも反省できる環境に身を置き続けることのメリットを存分に発揮しているといっていいでしょう。

まとめ:影響力を得たら社会問題に言及するべき

ある程度影響力を得た有名人は、社会で起きている事件や取り組み、話題性のあるエンターテイメントなど全てにコメントを求められます。

スペシャリストだから、という意味のみではなく、ある程度キャラクターに指示を得ている人間だからこそ、たとえ不完全な意見であっても聞いてみたいというような存在になっていくことが大切なんですね。

水溜りボンドさん、ヒカルさん、ラファエルさんは、明らかに他のYouTuberよりもそういった面で一歩先に出ています。

今後の活躍に期待ですね。

↓もともとラファエルさんのマネージャーであったジャン君がチャンネルを独立したという記事もありますので、是非ご覧になってみてください。

それでは。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です