大物YouTuberとコラボをする意義は?自分のコンテンツとの親和性はある?

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、大物YouTuberとのコラボをする意義について見てみたいと思います。

初心者YouTuberの方などは特に、「ヒカキンさんやヒカルさんなどの有名YouTuberとコラボすれば自分のチャンネルにたくさんの視聴者が流れ、一気にチャンネル登録者数や再生回数などの数字が伸びる!!」と思いがちですが、その考え方は概ね間違っています。

なぜ大物YouTuberはあなたとコラボをするのか、視聴者はあなたのチャンネルに何を求めているのかという基本的な部分に立ち返ってみましょう。

なぜ大物YouTuberは無名の人とコラボをするのか

一見、大物YouTuberの方はそのまま自分で動画を作成したり、大物YouTuberどうしでコラボしたりする方が効率がいいのではないかと思われがちですが、ビジネス的な観点で大物YouTuberであっても無名の方とコラボする意味は大いにあります。

↓ちなみに最近の有名YouTuber同士のコラボで話題に上がったものといえば、レペゼン地球さんとカルマさんでしょう。

カルマがレペゼン地球へ加入と発表!?復活の兆しや真相はいかに!

ネタ提供で送られてきた企画が単純に面白い

YouTuberの多くは、「ネタ提供窓口」というものを設けています。この窓口は何かそのYouTuber向けにやってほしいことがあった場合に、リクエストを受け付けする窓口です。

この窓口は、多くのDMが届き中には「俺とコラボしろ!」などと何の意味もないDMすらも飛び交っている環境なのですが、中には鮮烈な企画を元にYouTuberのメリットを提案できる無名の人材がいます。

有名YouTuber自身の良さを生かせる企画で、是非やってみたいと思った場合にはきちんとコラボを受け入れるというのがビジネスの基本です。ラファエルさんなどはこの方式を最大限活用しています。

無視してそのネタをやってしまうとパクリとして言われてしまうリスクもありますからね。企画が強ければ単純に受け入れるのでしょう。

また一度でもこのような無名のYouTuberとのコラボが実現すれば、無名の方にとっては大きな希望となり「真剣にこの人とコラボできる良い企画を考えてみよう」となりますので、両者WIN-WINなんですよね。

大物YouTuber自身にネタがない

もう一つの理由はネタ切れです。シバターさんなど時事ネタを主流とするYouTuberは、どうしても「ネタ切れ」という局面が訪れます。何のスキャンダルや情報もなく、ほかのYouTuberが淡々と面白い動画を上げている状態です。

そのような状態に陥ってしまったとき、やむなく「他のYouTuberを紹介する」という手法か使われる時があります。

実際、シバターさんも「面白いユーチューバーを紹介する」という企画を行なっており、のちにこれがネタ切れのため投稿した動画であることを表明していたりもします。

大物YouTuberとのコラボは一時的な露出に過ぎない

コラボの効果は一時的です。コラボを見てあなたのチャンネルに到達した視聴者が求めているものは何でしょうか?

視聴者はまず「あなたのチャンネルで有名YouTuberとのコラボ動画がないか」をチェックしています。あくまでもあなたのファンではなく、コラボした有名YouTuberのファンなわけですから、そこを探しに行きます。

そこでコラボ動画がなかったり、極端に長い動画だったりした場合は視聴者はあなたの動画を見る前に離れてしまうでしょう。なので、コラボ時は同タイミングで短編動画をあげるのがセオリーです。

あくまでもコラボは一時的な露出と捉えて、その先にあるあなた自身の実力をコンテンツで証明しなければコラボはあまり意味のない状態で終わってしまいますので注意しましょう。

一方、コラボした大物YouTuberとジャンルが被っている場合は、再生される確率は上がります。例えばゲーム実況やクッキング、アウトドアなどが良い例になるでしょう。なのである程度コラボ戦略を練る際は、属性を統一してアプローチをかけていくのが良いのかもしれませんね。

↓他にも、再生回数を上げる取り組みはこちらで紹介していますので、是非参考にしてみてください。

【2019年完全版】YouTubeの視聴回数を増やす24のチェックリスト

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です