何もかもが無茶苦茶?How To Basicから学ぶ再生数の極意!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、驚異のチャンネル登録者数1,300万人、総再生回数22億回超えを誇る海外YouTuber「How To Basic」さんの動画に注目してみたいと思います。

そのシンプルな名前とサムネイルとは裏腹に、非常にブラックユーモラスな動画をアップロードしている事が最大の特徴です。日本のYouTuberにはないコンテンツを展開しています。

How To Basicさんの基本情報

チャンネル開設は2011年12月、チャンネル登録者数13,570,797人、総再生回数2,233,838,808回(2019年8月13日時点)

動画タイトルは「How To~」を基本としたハウツー動画をアップロード。クッキング系が多く、サムネイルも綺麗なピザやウェディングケーキ、フライドポテトなどの完成系で一見彩り鮮やかです。

しかしこのYouTuber、実際に動画を見てみると、中身はハウツー動画とは「真逆」と言っても過言ではありません。

ぞんざいに扱われる食材たち

実際の動画の中では、食材たちは投げるこぼすは当たり前、皮も向かず無茶苦茶な量の調味料にもみくちゃ。ぞんざいに扱われ、それによって当然のように大量のアンチが沸いています。

こんな食物を無駄にしているような動画でも、YouTubeの広告はきちんとついているから驚きですよね。

一つでも動画を見てしまうと、「なんとなく他の動画もみてみたい」と連鎖が止まらなくなってしまうクセがあります。背徳感を煽るような画角、ためらいのない仕草がブラックユーモアを助長していますね。

↓おしゃれで綺麗な料理動画を提供して圧倒的な再生回数を誇っているジュンズキッチンさんとはまさに真逆ですね。

How To Basicさんのオススメ動画

↓(マクドナルドのフライドポテトの作り方)

じゃがいもだけではなく卵も殻ごともみくちゃにされ、無茶苦茶な量のソルトや分量を完全に無視した調味料、そしてまるで体の一部から放たれたようなソースが食欲を減衰させます。4千万再生を超えている驚異のコンテンツです。

↓(ウェディングケーキの作り方)

一見食材は普通なものの、途中から形状が崩れ始め、しまいにはウェディングケーキに新郎新婦のチョコレート人形のようなものを勢いよくぶっ刺しケーキそのものが完全に崩壊しています。

↓(ビーガンピザの作り方)

ここまでの流れで何となく推測できると思いますが、このビーガンピザは肉や魚、ハム、チキンなどをふんだんに使った無茶苦茶なピザです。もはやピザとしても食べられないほどの肉たちがインしています。失礼にもほどがありますね。

「ちょっと見てみたい」を煽り続けたチャンネル

モラルはさておき、好奇心や怖いもの見たさだけをひたすら煽り続けたチャンネルは今は1,300万人を超える全世界の人々に支持される始末。

言語がわからなくてもビジュアルで意味がわかるため、拡散もしやすく話題性も豊富。しかもほぼ全員が「もったいない」という共通の感想を抱くため、視聴者内での共感力もバッチリ抑えています。

↓ただし、YouTubeルールもいつかわるかわからない現状、炎上行為そのものには注意が必要です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です