再生回数に直結したYouTuberの名作サムネイルまとめ!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

皆さんは、YouTuberの動画を見るときに何を基準にしてクリックするかと聞かれたときに、きっとこう答えるでしょう。

「面白そうな動画だから」「為になりそうな動画だから」「なんかすごそうな動画だから」

その通りだと思います。それでは、あなたは見てもいないなぜその動画が面白いだろうと感じたのでしょうか?そう、答えはサムネイルです。

タイトルももちろん大事なのですが、視覚情報で頭にいち早く入ってくるのはサムネイルです。タイトルは検索のサポートにおいては非常に大事ですが、あくまでもサムネイルの内容理解の補助をしているに過ぎないのです。

それでは、「名作」と呼部にふさわしい、思わずクリックしたくなる美しいサムネイルの動画を見ていきましょう。

「しゃべって動くピカチュウ100匹」by HIKAKIN

ポイントは「とにかく結果が気になる」「見ないと気が済まない」と、視聴者をモヤモヤさせるところです。

100匹のピカチュウが動いている姿、たった数秒だけでも見てみたくなるサムネイルの典型的な例です。王者ヒカキン、あっぱれといったところですね。

「巨大グミ」by はじめしゃちょー

このサムネイルは「何これ!?みた事ない」と思わず反射でクリックしてしまう系のサムネイルです。

再生回数は驚異の1億回超え。文字も何も入っていないこの簡素なサムネイルでクリックをする要因は、物珍しさを煽ったという事以外に導き出せませんね。

「本気でチャーハン作るドッキリ」by 水溜りボンド

水溜りボンドさんはサムネイルの天才ですが、中でも再生数に貢献したのがこちらの動画。海外サイトでのバズりのきっかけとなったのは葛飾北斎の絵に似ている日本人YouTuberというフック。

↓この動画に関しては、もう少し詳しくこちらで分析していますので是非ご覧ください↓

「全員元カノドッキリ」by ラファエル

「絶望感」を題材にしたラファエルさんのドッキリサムネイル。男性なら、見ているだけで鳥肌が立ちそうな光景ですよね。

この後どうなるのか展開も気になる、まさに「怖いもの見たさ」でクリックしてしまうサムネイルに仕上がっています。540万再生と数字も十分。

「アキラ100%のネタを全力でやってみた」by RaMu

まさに男釣りのサムネイル。RaMuさんはこんな事しなくても十分可愛いビジュアルを持っているのに・・・と思ってしまいます。白背景でシンプルに伝えたいことを強調させている点もGoodですね。

「歌詞乗っ取りゲーム」by フィッシャーズ

言わずと知れた大流行ゲームです。シルクロードさん、ンダホさん両方の最高の瞬間を捉えた上に薄めの集中線とカラフルな色合いを重ね、今にも動き出しそうな躍動感のあるサムネイルに仕上がっていますね。

これはサムネイルの金字塔とも呼べる作品でしょう。2,600万再生を獲得しています。

「もしポケモンの出来事が現実で起きたら」by Smosh

海外YouTuberよりSmoshさんの作品です。2011年にあげられたこの動画、当時の時代にしては最高峰とも呼べるサムネイルに仕上がっています。対象層も広く捉えてビジュアルでわかりやすく、なおかつ日本語の吹き替えもついているので完璧。

動画は英語ですが日本人でも十分わかりやすい内容となっており、5,500万再生を獲得。世界的バズりの動画です。

「工藤新一選手権」by 東海オンエア

ネタ系のサムネイルでは群を抜いている東海オンエアさんより「工藤新一選手権」。ジャイアン選手権の続編となるこの動画では、コナンのビジュアルをふんだんにフリーライドすることで再生数を稼いでいます。

こう見ると、コナンの色合いってつい目を向けてしまうようなバランスだったんだということが改めてわかりますね。

まとめ:なぜその動画を見たか?を理解しろ!

以上となりますが、いかがだったでしょうか。独特なサムネイルには必ず心理効果が働いています。動画のコンセプトにあったフックを上記のように抜粋して取り入れていきたいですね。

ただし懸念点として、釣りサムネイルをするとだんだんと視聴者が減っていってしまうので気をつけましょう。

↓再生回数を増やす方法についてはこちらで言及していますので、合わせてご覧ください。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です