「雑な人」ほど成功するって本当?YouTube毎日投稿の極意

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、多くのYouTuberが頭を悩ませる「YouTube毎日投稿」を成功する人にはある共通点があるということを解説していきたいと思います。

その共通点は「意外と雑な人」ということであり、100点を目指す人は毎日投稿が続かないケースが非常に多いのですが、その前にまずは毎日投稿はなぜ必要なのかという部分についてみていくことにしましょう。

そもそもなぜYouTube毎日投稿が重要なの?

現代は、多くのYouTuberが群雄割拠しているYouTube戦国時代。

「不定期でもコンテンツを継続して出すことが重要だ」とぼやけて言われていた人世代前とは違い、「毎日決まった時間に動画を投稿することが当たり前」とかなり競争が激化しています。

↓しかも、何時に投稿するのがベスト!という部分にも分析が進んでいるため、YouTuberを開始するにあたっては相当なノウハウ・戦略の事前学習が求められます。

チャンネル内に「編集100点の動画」は数本でいい

そんな毎日投稿が求められる時代だからこそ差が生まれるのが「編集力」。

この編集力とは決して編集のクオリティが高いという意味ではなく、毎日決まった時間に動画を上げるために必要な最低限の編集を最小工数で行う能力のことです。

毎日行う編集だからこそ、毎回の動画の編集クオリティを最高レベルに保つことは強靭なメンタル、体力を持ち続ける編集マンを抱え込むか、必ず成功するという異常に強い目標達成意識を持っているごく一部のYouTuberしかできないでしょう。

しかしこの編集、毎回高クオリティである必要は全くないのです。編集が際立つチャンネルの看板動画は数本あればいいのです。現に世界のトップYouTuberの動画を見てみると、編集にそこまで工数を割いていないことがわかります。

↓むしろ、動画につけるタイトルやキーワードフレーズ、タグ付けの方が再生には直結する項目といってもいいでしょう。「編集力が高い」ことが直接的な理由となって動画が再生されることは、実は本質的ではないのです。

結局は、チャンネルにある動画のチーム戦

チャンネルを運営する上で必ず意識して欲しいことは、YouTubeチャンネルの力はあくまでも「総再生回数」「総視聴時間」であるということ。

チャンネル登録者数やバズり動画はあくまで目安であり、最終的なチャンネルスコアで最も重要なものは、チャンネル内を合計してどのくらい動画が見られているかという総合結果なのです。

与沢翼さんもYouTubeに関する意見として「とにかくビデオカメラを目の前において、雑でもいいから毎日動画をあげてみることが大事。ブログもそうですが結局は総合得点ですから」とコメントしています。

まとめ:とにかく継続して80点を量産し続けること

何事も、継続できるかできないかが大きな差を産みます。どんなにモチベーションが高いチャンネルでも、一つの動画に10時間も編集がかかっているようではいつか物理的な限界を迎えてしまいます。

具体例を上げるとまさに「へきちゃん☆とらちゃん」。彼らは動画の編集クオリティを高くすることに囚われたり、チャンネルの方向性を見失ってしまった結果、一週間に1本の週もあるなど非常に不規則な動画投稿を行ってしまい活動休止にまで追い込まれています。

↓そんなへきちゃん☆とらちゃんはどうすればよかったのか。その答えはこちらの記事に書いてありますのでぜひ参考にしてみてください。

「とにかく上げる。毎日上げる。総力で勝つ。投げれば投げるほどインターネット上に自分の分身が増えていく」このことにさえ気付ければ、何を主眼に置くべきかという優先順位が自ずとわかってくるはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です