「多動力」こそが現代のYouTuberに求められる最大の能力

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

皆さんは、「多動力」という言葉をご存知でしょうか。

そもそも「多動力」って何なの?

ホリエモンこと堀江貴文さんが出版した「多動力」という本で一気に広まったこの言葉。

思いついたことを即時に実行し、分野にとらわれない行動力を持つことという意味合いがあるこの言葉。実際に飲食やアプリ、コンサルなど多くの事業に携わっている堀江貴文さんだからこそ説得力を持って世に広めている有名な言葉ですね。

「インターネットにより業界の壁が崩壊しているからこそ、複数分野にまたがる行動力を偏見なく、制限せずに発揮する力が求められる」といった背景があるなのですが、

実はまさにこの多動力こそが、現代のYouTuberにとって最も求められる力なのです。

とにかく「思いついたらすぐやる」こと

YouTuberは、とにかくトレンドに関する鮮度・感度が大事な職業です。なぜならば、「自分がやらなければ、他の人がやる」からです。

トレンドのネタで動画を一番早く撮影できれば先行者利益がありますし、先行者を取れなくても一捻りしたネタを追随できれば関連動画への掲載が可能になります。

その感度の方向性は、TwitterなどSNSのトレンドで流行っているものをキャッチする力や、朝のニュース番組で取り上げられているものをいかに早く試すかということになります。

特に水溜りボンドさんやフィッシャーズさん、HIKAKINさんなどはよくツイッターやめざましテレビを見ているなあ、という感じですね。さすがトップYouTuberといったところでしょうか。

↓そんな水溜りボンドさんですら最近は「オワコン」「落ち目」と言われ始めています。こちらの記事にその内容が書かれていますのでっ是非ご覧になってみてください。

YouTubeの枠にとらわれないことも重要

そしてその「思いついたことを実行する能力」は、YouTubeの枠にとらわれないことも重要です。

あくまでも実現したいことがYouTubeの領域に集中している場合を除き、多くのYouTuberは「知名度の向上」「収入の増加」「ライブなど、特定の実現したいことがある」という軸を持っている場合がほとんどでしょう。

つまり言い換えれば、それらの軸を満たす事業がYouTubeの外にあるならばそちらも徹底的に取り組むべきなのです。例えばラファエルさんは「自由になる」という目標を掲げ、YouTube事業のほかにも会社経営をいくつか行なっていますよね。

YouTubeで得た知名度を有効活用して、他のビジネスに展開するという方法を常に頭の片隅に置いておきましょう。インターネットビジネスは総合力勝負ですから、一つのフィールドのみであなたの力を完結させる必要はないのです。

↓しかしYouTubeはSNSの中でも重要な位置を今後も占めていくことが推測されます。SNSは移行するものですが、機能により使い分けることが最も大切です。

まとめ:即時の行動力、分野にとらわれない力

あなたの目標はどこにありますか。あなたは将来どうなりたいですか。2年後のあなたは一体どこで何をしていると思いますか。

具体的な答えを持っているあなたはその夢や目標に向かってマイルストーンを辿っていくことになるでしょう。しかし多くの人はこれらの質問に即時回答できないこともあるでしょう。

一つ覚えておいていただきたいのが、この答えが漠然としていればしているほど、あなたの行動の可能性は無限に広がっているということです。

レペゼン地球のDJ社長さんも「俺ならできる、俺ならできる」を強い信念としていますからね。決して自分に不可能を設定しないでください。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です