「日本一」「世界一」などの一番シリーズは話題性も再生回数も抜群だ!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

クリエイターにとって日々のネタ探しは頭を悩ませる1番の要因。そんなクリエイターに向けて今回は、YouTubeのネタとして使える「日本一シリーズ」「世界一シリーズ」の持つ力について紹介して行きたいと思います。

「一番」はみんなが気になるコンテンツ!

2位じゃダメなんです、という有名な言葉があるように、一番という存在は非常に特別なものとなっています。

単純に自分が今生活しているものに関わるランキング1番はなんなのか、ということは気になりますよね。観光スポットや動物などの一番もとっても興味がある人が多いでしょう。

さて具体的に、どんな「一番」の動画があるのでしょうか。その動画の数々を見ていきたいと思います。

HIKAKIN:【卵1個1200円】日本一高い卵かけごはん作ったらヤバすぎたw【TKG】

言わずと知れたYouTube会の王者ヒカキンさん。この「日本一の卵かけご飯」、驚異の2,000万再生されているんですね。

卵かけご飯ってなんか庶民的で美味しいものの代表みたいな漢字が出ているので、その日本一バージョンはみんなとっても気になっていたみたいですね。う〜ん、美味しそう!

↓そんなYouTuber界の王者の分析はこちらからしておりますので是非ご覧になってください。

タケヤキ翔:日本一急な坂道「ベタ踏み坂」が本当にヤバかった

イケメンとイケボでかつては一斉を風靡したタケヤキ翔さん。100万人を超えたあたりで落ち目になりましたが最近また人気が出始めています。

この動画はサムネイルも衝撃的で、なんでこんな坂があるのか不思議で仕方ないですね。ただどんな場所なのか、車内からの景色はどうなのか、非常に興味がありますね。

ブライトサイド:世界で最も巨大な海の生き物7選

ブライトサイドさんやトップランキングさん、フェルミ研究所さんなど「知的映像」カテゴリーのYouTuberはこの「一番シリーズ」をよく使っていますね。知識としてとにかくそのカテゴリの1番を知りたいという気持ちをうまく煽って動画を作成しています。

動画内容自体もとっても為になります。サムネイルも衝撃的で迫力がありますね。

クイズノック:【炎上しないで】東大生が日本一バカな大学の入試に本気で挑戦したらどうなる?【想像以上の実力】

東大生クイズ王率いるクイズノックさんの動画です。クイズノックさんは頭脳系企画をたくさん行なっているYouTuberですね。

そんなクイズノックさんはこの動画で一躍有名になりましたね。「日本一馬鹿な大学」ではないのですが、うま〜く「日本一頭のいい大学×日本一頭の悪い大学」というギャップテクニックを混ぜることで再生数増加に寄与している例として紹介します。

ボスナ:【検証】元世界1なら3周遅れでも勝てる説#414【マリオカート8DX】

ボスナさんはゲーム実況系のYouTuberで、そのチャンネル登録者数は11万人なのですがこの動画は驚異の560万再生を超えています。「世界一」の実力を持つコンテンツをうまく生かした動画となっていますね。

動画の内容もとっても面白いです。開幕で逆走する姿は非常にシュールです。マリオカートのこのソフトを持っていなくてもシンプルに見入ってしまうプレイング。結果やいかに・・・!?

まとめ:「一番」はみんな気になるのだ!

以上、「日本一」「世界一」の一番シリーズを見てきましたが、いかがだったでしょうか。

再生回数を取る為に大事なことはたくさんありますが、特に「タイトル」「サムネイル」「動画の長さ」はとっても大事な要素となっていますよね。

↓しかしながら一方で、動画を全く出さずにチャンネル登録者数を荒稼ぎしているアカウントも存在します。一体どんな方法で彼はチャンネル登録を促しているのでしょうか?気になる方はこちらをご覧ください。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です