YouTuberは「準レギュラー」の選定で伸び率がまるで変わるという話

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

みなさんが何気なく見ているYouTuberの話をするとき、意外と盛り上がるのが「たまにしか出てこないサブキャラクター」の存在。遊楽舎の店長やプロラグビー選手などは、もはや全国区の知名度を持っているといっても過言ではないでしょう。

今回は、YouTubeチャンネルにおける出演頻度と人気の関係性、準レギュラーとなる人物の重要性について話していきたいと思います。

たまに出てくるキャラクターって、面白いよね

まずはこんな話から。漫画でも映画でも、ドラマでも、その本筋のストーリーでメインキャラクターとなる人物の他に、サブキャラクターやレアキャラクターとして出演する人物の人気って異様に高いんです。

人気キャラクター投票のランキングでも、一瞬しか出てきていないような人物や、出現頻度は低いものの強烈なインパクトを残すようなキャラクターが印象に残りやすいという傾向があります。

人間は単純接触の回数が増えれば増えるほどその人物やキャラクターのことを無意識に好きになっていくという心理が働きますが、同時に「飽き」も溜まっていってしまうのが必然。

毎日動画をアップロードするYouTuberにとって、このマンネリ化は最大の敵といっていいでしょう。

逆に言えば、このマンネリ化を解消するための有効な手段が確立されていないYouTuberはすべからく再生回数に問題を抱えているといっていいでしょう。いかにその人が面白くても、ゲスト出演なしでは見ていられない場面だってあるのです。

YouTubeにおけるサブキャラクターの重要性

人気のYouTuberは必ずといっていいほど、自らの他にタッグを組む相手を一般人や著名人から選択しているのが実情です。

例えば、水溜りボンドさんにおける「でんじろう先生」、ヒカルさんにおける「遊楽舎の店長」「べんてんやの大将」「貴鳥屋の専務」、東海オンエアさんにおける「プロラグビー選手」「出っ歯」などなど、頻度は高くないものの人気を獲得している人物がそこにはいます。

↓ちなみにそんなヒカルさんについて、なぜ成功することができたかという要因についての分析はこちらから行っておりますので、是非参考にしてみてください。

ラファエルさんが大々的に準レギュラーを募集

大物YouTuberのラファエルさんも当然この仕組みには気が付いており、準レギュラーとなる無名の方を募集すると大々的に告知がありました。

【緊急募集】新メンバー募集します!【ラファエル】

ラファエルさんは元々、サキ吉さんやカジサックさん、ヒカルさんやモデルの女性の方など多くのタレントを起用し動画へ出演させていますが、準レギュラーと呼べる方は定まっていないというのが実情でした。

そこで今回、大々的に「サブキャラ」の起用を女性限定でするという募集が入り、また底辺YouTuberであってもインスタグラマーであってもなんでも問わないという要件がありました。

YouTubeがさらなる盛り上がりを見せている昨今、新たな戦略を起用しポジショニングを明確にしていこうという方向性がしっかりと見えていますね。

まとめ:人気の裏には飽きの解消がある!

以上、サブキャラクター、準レギュラーの重要性について解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

こうした緻密な計算がYouTube市場を勝ち抜いていくためには非常に大切で、中でも下記で紹介させていただいているカジサックさんは裏打ちされたマーケティングフックをもとに100万人を達成しています。

何事も「飽きさせないための工夫」というものがいかに重要か気づいていただけると思います。

大好きなタレントのチャンネルを見に来ているのに、なぜかたまにしか出てこないキャラクターがやけに面白く感じてしまう理由の一つには、今まで見ていたものに対する飽きというものがあるんですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です