YouTuberの偽アカウントはなぜ蔓延する?その目的と法的措置について。

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、有名YouTuberを装った偽アカウントがなぜ蔓延しているのかを解説していきたいと思います。

そもそも偽アカウントって何?

偽アカウントとは、主にツイッターを中心とするSNS界隈に出現する、有名YouTuberではない人がなりすまして呟きを行なっているアカウントのことです。

その内容の多くは「このツイートをリツイートした人の中から抽選で現金プレゼント」「このツイートをリツイートした人の中から抽選でニンテンドースイッチをプレゼント」などのプレゼント企画となっています。

これらのアカウントは、自分がなりすましているYouTuberの知名度・拡散力を利用して、アカウントのフォロワーを獲得しようと日夜ツイートを練っています。

なぜ偽アカウントが蔓延しているの?

これらの偽アカウントが蔓延している根本的な原因は、SNSを利用している人のリテラシーの低さにあります。

「このアカウントは偽物だろう」という疑いを持たずに、思考停止しながら流れてきたツイートをリツイートする利用者が非常に多いということを表していますね。

↓まさに、「炎上待った無し」のひどい現状です。YouTubeルールもかなり厳しくなってきている今、世間の風当たりや法曹のリテラシーもどんどん上がってきていますね。

炎上商法はマネタイズ不可?YouTubeガイドラインをチェックだ!

もちろん、偽アカウントの拡散側も複数のアカウントを運用し、呟いた瞬間に複数リツイートを行うなど「偽っぽくないような」仕掛けを打ってはいます。

本当にそのYouTuberのファンであり、偽物だと気づいている方はコメント欄で「この人は偽物ですよ」とリプを送っているものの、リプはツイートをタップしないと見られないため実質的には効果なしとなっています。

偽アカウントは何が目的?

これらの偽アカウントは、一体何が目的なのでしょうか?

実はこの答えは複数あります。

一つ目は、なりきることそのものが目的の、単純な愉快犯です。

ただ単に特別な目的を持たずにそのアカウントになりすましていることに愉悦を覚えているタイプの人間です。

二つ目は、ビジネス拡大のマーケティングツールの育成です。

なりすまし犯は一定のフォロワー(数万人)を獲得したあと、しれっと名前を別のアカウントに変えて、獲得したフォロワーに別の商材のアプローチをかけていくというものです。

↓でも紹介させていただいているように、知名度は大きなマネタイズ力を秘めています。有名YouTuberに乗っかろうとする人が後を絶たないのもある程度は予測できますね。

YouTuberのマネタイズ方法まとめ:インフルエンサーになることの重要性と一般人がすぐ実践できるSNS戦略

三つ目は、知名度を利用したファン交流をやりきってしまうというもの。

ラファエルさんなどは仮面をかぶって素顔が(公式には)公開されていないため、「私がラファエルです」などの文言でファンを釣って会うという手法です。

最も多いのは二つ目。フォロワーの獲得はそれだけでアカウント売買のような対象に発展するケースもあるため、お金目的で行っている人がほとんどなんですね。プレゼント企画とうたって個人情報を抜くケースも存在するそうです。

偽アカウントにヒカル・ラファエルはブチギレ!

そんな偽アカウントに対し、怒りの声を上げているのがヒカルさんとラファエルさん。

彼らは「金持ちYouTuber」というブランディングを持ち合わせているため、SNS上で「お金配ります」のような投稿を見かけても、「やりかねないな」と認知されてしまう傾向が強いようです。

ともに、偽アカウントに対しては法的措置の厳しい手段を実際とっているという意見を明確にしているため、軽い気持ちで偽アカウントを作ってしまうと、人生を台無しにしてしまう可能性がありますよ。

↓特に現在かなりテレビを意識しているラファエルさんを敵に回すとなると、恐ろしい事が起きてしまいそうですね。

ラファエルサブチャンネル「ニュース解説」YouTuberからテレビを目指す戦略

まとめ「偽アカウントに注意!」

以上、偽アカウントの目的や手法について解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

前澤友作さんや青汁王子さんなど、本物アカウントでのプレゼント企画の勢いも止まらない中、便乗している人達に騙されないようにしましょう。個人情報を取られてしまうと非常に厄介ですからね。

↓いずれ全てのSNSは自己表現という面で収束し融合してくると筆者は踏んでいます。その中心に位置するYouTubeコンテンツへのなりすましアカウントは、皆さんも見抜く力をつけていきましょうね。

全てのSNSは融合する。SNSの行く末とYouTubeの立ち位置を解説。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です