「大企業就職はむしろリスク」年収チャンネル株本社長の語る現代の生き方

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、様々な方の年収やビジネスモデル、稼ぎ方などを紹介している「年収チャンネル」の株元社長が語っている「これからの学生に求める市場価値のあり方」について紹介させていただきたいと思います。

この年収チャンネルの株本さんの経歴は、大学2年生の時にバリュークリエーションというベンチャー企業にインターンシップで務め、そのまま正社員として大学卒業後に3年間勤務。

その後、ベイカレント・コンサルティングへの転職を経てフリーランスへ転身。フリーランスでの月収が大きくなり始めたため、現在は法人化し経営者として活動しており、年収は1億円を超えています。

↓なお、手っ取り早くYouTuberの年収を知りたい方は、こちらの記事を見てみてください。シバターさんが暴露している年収を載せています。

「戦闘力」をあげることが大切な時代

ここで株本さんは、自身が平日に西麻布のお店でたくさんの経営者やお金持ちを見たことから、世の中にはお金持ちがたくさんいるというカルチャーショックを受けたと語っています。

株元さんは20代の若者に向けて、「戦闘力」をあげることが大切だとコメントしています。ここで戦闘力とは、個人が動かせる資本や人数のことをさしています。

大学受験や部活動をあれだけ熱心に頑張ってきた学生が、なぜ企業選択の場においては「とりあえず内定したから」就職してしまうのか、その思考停止の危険性について語っています。

↓なお、YouTuberになることはそれ自体が大切なわけではなく、一連の企画、撮影、動画制作、検証、マーケティングの分野で自分に何ができて何が足りないかが明確にわかるので「戦闘力」を高めるためには有効です。

大企業に勤めることはむしろリスク

現代の大企業においては、自社のカルチャーを保守的に運用する企業が多く、社内政治や殿様営業などを筆頭にした、本当に必要なスキルでないものばかりが求められています。

しかしながら実際は、ITリテラシーの高い人材は世の中に溢れており、企業は本当に必要な人材をプロジェクトごとに集めることができる環境が整っているというのが現代における考え方です。

一部の商社や外資系企業を除き、30才で年収1,000万円を夢見る学生が現実として待っている多くのパターンでは年収600万円が多くを占めるでしょう。

しかしながら30歳で「これでいいのか」と考えた時に、大企業で抑えられた考え方をクリアリングするための能力は持ち合わせていないだろうというのが株本社長の考え方です。

まとめ:これからは「個」の力が試される時代

もちろん筆者も、フリーランスになることが正解だとは全く思いません。実力が足りない状態でブルーオーシャンを見つけることはそもそも選球眼を持っていることが不可欠な要素となりますし、リスクも大きいです。

しかしながら前提として、「今自分が日々行なっていることに対して疑問を持ち続け、「戦闘力」を手に入れるための行動につながっているのか?」ということを日々意識することが大切だと思います。

↓ちなみにこの年収チャンネルは、コンテンツ制作の本質を得ているからこそ一定層の支持を得ているチャンネルです。登録者数が少なくても再生回数が多い、そんなチャンネルはコンテンツが有力であり先延びするチャンネルです。

参考:年収チャンネルさんのオススメ動画

参考までに、年収チャンネルで上がっている動画の中で有意義なものをいくつか紹介させていただきましょう。

【特別編】20代の若者にどうしても伝えたい事

今回の紹介元となった動画です。わずか33万回しか再生されていませんが、株本社長が人生の本質を見抜き、学生が聞いてもわかりやすいように解説しております。

シバターがヒカルとラファエルの収入を暴露|vol.092

思いっきり釣りなのですが、「なぜこの動画は再生されているのか?」という物事の本質を捉えているサムネイルとタイトルです。ちなみに他のチャンネルでシバターさんがゲストに登壇している動画は伸びる傾向がありますね。

低学歴が転職する時に重要なこと|vol.333

かなりトゲのあるタイトルですが、SEO的には最適な情報を必要最低限の文字数で伝えています。

ぐさっとくる人も多いのではないでしょうか。強い単語から前において、後ろで修飾していくタイトルセンスを学びましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です