「YouTuberに好かれるYouTuber」になるために必要なこと

どうも、YouTuber分析のヒトミです。

皆さんは、YouTube動画を見るときにいつも必ずYouTubeから動画を視聴していますか?

今回は、YouTuberに好かれるYouTuberがいかに大事かということについて紹介させていただきたいと思います。

再生回数は「ファンの数」で決まるわけではない

まず最初に押さえておきたいポイントが、YouTube動画の再生回数は、純粋にYouTubeを楽しんでいる人のみで構成されているわけではないということです。

YouTubeアプリを開いてお気に入りのYouTuberの動画をチェックする人、プッシュ通知をとりあえず押してみる人、茶をしばきながら話題の一つとしてYouTubeを開く人、教材としてYouTubeを利用している人・・などなど。

何が言いたいかというと、YouTuberのファンのみが自分の動画を見ているわけではなく、話題や講義、ブログに埋め込まれている参考動画の中で「意図せずにYouTubeを見させられている」人が一定数いるということです。

「面白い」だけではなく「ためになる」

再生回数が上がるYouTuberには大きく2種類いると言われています。

一つ目は、東海オンエアさんやはじめしゃちょーさんに代表される「面白い」というグループ。

もう一つは、中田敦彦さんや気まぐれクックさん、最近のヒカルさんに代表される「ためになる」というグループ。

前者は学校などで話題になりやすく、瞬間風速の強い再生回数を生み出しがちです。

これに対し後者は、「時代を超えて」ブームが継続していくタイプの動画コンテンツと分類されます。

↓「人に知識を与える」ことが現代のキーワードとなっている事については、こちらの記事で紹介させていただいておりますので是非参考にしてみてください。

現代のコンテンツ配信に必要な要素は「見た人に何か知識を与える」ということ

YouTuberに尊敬、紹介、モデリングされるYouTuberでは前者の名前が予想されがちですが、実際は多くの人が目につく場所に動画を据え置くことが可能なのは後者のYouTuberなのです。

モデリング対象となるのは「一時的なバズ」ではない

YouTuberが参考とすべきYouTuberは、複数の要因が重なってバズを起こした動画クリエイターではなく、むしろ恒常的に数字を生み出しているタイプのYouTuberであるべきです。

↓こちらの記事でも、「モデリングは必ず行うべき」ということを紹介しておりますが、特に初めて間もないクリエイターの方は、自分のオリジナリティは一度捨てて成功者に追従するべきです。

YouTubeで有名になりたいならまずコレをしろ!とにかくモデリング!

まとめ「YouTuberに好かれるYouTuberになるためには」

それでは、YouTuberに好かれる、モデリングされる対象となるYouTuberとなるためにはどうすればよいでしょうか。

答えは「YouTubeの仕組みそのもの、或いは特定の知識分野において誰よりも詳しくなること」です。

YouTuberの中でも、ヒカキンさんや水溜りボンドさんに代表される「マルチクリエイター」と呼ばれるカテゴリは、もう飽和しています。

今から勝負をかけるには、気まぐれクックさんのように「魚をさばくことならどのYouTuberにも負けない」など、特定のカテゴリにおいて特筆すべき実力を持つことがひっすようそになるでしょう。

誰しもが、得意不得意があります。

「自分が他の誰にも負けないことはなんなのか?」

その答えが、あなたが持つべきチャンネルの姿になるでしょう。

↓ちなみに、完全に有名YouTuberを真似し続けると何が起こるかについてはこちらで紹介させていただいておりますので、結果が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

底辺YouTuberがはじめしゃちょーの企画を1ヶ月真似するとチャンネル登録者はどのくらい伸びるのか

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です