「好きなことでは、生きていけない。」YouTuberの新常識はもう知ってる?

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

皆さんは、「好きなことで、生きていく」というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。

恐らくYouTubeをあまり見ないという方ですらも、このフレーズは聞いたことがあると思います。そう、このフレーズはYouTubeのキャッチフレーズとなった、誰でも一歩踏み出せばマネタイズが可能という言葉なのです。

「好きなことで生きていく」の画像検索結果"

でも、実はこの言葉はもう古く、現代には当てはまりません。現代におけるYouTubeで成功するための条件について、改めて見ていきましょう。

好きなことでは、生きていけない。

「好きなことで、生きていく」というのは、あくまでも先行者利益が存在していたYouTube初期独特の考え方です。

自分が面白いと思う実験やゲーム、検証をネタにして多くの人に動画として広めることで、まだ誰もやっていなかったことを知るきっかけになるというのが初期の考え方なのですが、現代のYouTube界隈はもう人があふれています。

「何をやるか」よりも「誰がやるか」にシフトしてきている現代の企画において、もう目立つためには「新しい椅子を探す」ことから始めなければ話になりません。

もちろん、今からYouTubeを始めるのが遅いと行っているわけではなく、コンテンツを選定する必要があるということです。今はもう遅いと思っている方は下記の記事を読むことから始めましょう。

メントスコーラをやったところで、誰がその動画を見る?

数年前に爆発的な流行り方をして、YouTuberの必ず通る道とまで言われたメントスコーラ。

しかしながらこの企画も、今やったところで誰も見る人はいないでしょう。企画もこすりに擦られて、メントスコーラでできる企画はもう世の中に出尽くしていると言っても良いですね。

↓メントスコーラに関しては、はじめしゃちょーさんの「メントスで槍を作ってコーラにブッさす coca cola mentos」という動画が最も有名ですね。参考まで。

もう「過去に面白かったこと」ではなく、「今視聴者が求めているもの」を先行して察知していかなければ、生き残ることそれ自体が非常に難しい現代となってきています。

成功事例:「中田敦彦のYouTube大学」

それでは現代において、視聴者が求めていることをうまく察知して、YouTubeにおいて短期間で成果をあげた人物はいるのでしょうか。

そうです、それが中田敦彦さんなんですね。

詳しくはこちらの記事で紹介させていただいておりますが、中田敦彦さんは「めまぐるしく変わる現代の技術や政治問題について、わかりやすく解説し自分の知識に落としたい人がたくさんいる」ということに気づき、見事チャンネルを成功させました。

その勢いは凄まじく、24時間という可処分時間のなかで強力なコンテンツが修験し、しかも長時間見ることが可能なドガばかりなので、現代の礎を作ってきたYouTuberが一気に駆逐されるとまでも一時期は言われていました。

まとめ:好きなことで生きていくためには?

好きなことで生きていけないというタイトルですが、方法はもちろんあるのです。

それは、みんなが求めていることは何なのか?を考えた上で、自分にできることをリストアップして洗い出し、共通項を見つけてクリエイトしていくことが現代における成功の鍵です。

あくまでも「自分がこれをやりたいからこの動画は面白いはずだ」という考えはもう古いので捨てて、「みんなが見たいものは何だろう」と初心に帰って見ることが大切です。

その際、必ず自分も視聴者目線に立った上で、自分だったらなぜこの動画をクリックするのかまで言語化できていた方がより賢明でしょうね。

サムネイルやタイトル、概要欄はそれだけで検索に引っかかるかを左右する大きな部分なので、どうしたらいいかわからないという方はまずこちらの記事から読んでみると良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です