東海オンエア「友達がいないと見ることができない動画」の仕掛けがすごい!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

皆さんは、YouTubeを友達と一緒に見る機会は多いですか?筆者は「ほとんどない」ですね。

恐らく、YouTubeは一人で動画コンテンツを見て楽しんでいるという方がほとんどで、みんなで同じ動画を見るという機会はそこまで多くないと思います。

YouTuberはそもそも、話題性を呼ぶ動画はもちろんですが、一人でも楽しめるゲーム感覚に近い可処分時間の使い方に価値を提供しているクリエイターなので、みんなで見るという行為はそこまで重要視されていません。

しかしながらあの超大物YouTuber東海オンエアさんが、その部分を逆手に取り、「友達がいないと観られない動画」を開発してきましたので、紹介させていただきたいと思います。

なお東海オンエアさんはネタの発想パターンがYouTuberの中でも「企画系、ネタ系」においては段違いで優れており、その思考力と発想力についてはこちらの記事で紹介させていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

東海オンエア:「友達が3人いないと観られない動画」とは?

端的に東海オンエアさんの動画の仕組みを説明させていただくと、「自分一人では見ることができず、複数のデバイスが必要となる動画」のことです。

動画そのものが大きな画面を4分割した4本構成になっており、それぞれのパーツが「右上、右下、左上、左下」の4つの機能を担っています。

驚くべきことにその仕掛けは「映像がただ4分割されているだけ」ではなく、「音声も4つの動画にそれぞれ分散されている」という点にまで及んでいます。

つまり、4つのスマホをそれぞれ並べて一つのパズルにして、それぞれのスマホから分割された映像とバラバラの音声が一つになるという仕掛けになっているのです。

なかなか文章で説明するのも難しい部分がありますので、実際の動画やタイトルについて観ていくことにしましょう。

東海オンエア:友達が3人いないと観られない動画の紹介

それでは、実際の動画をリンク形式で紹介させていただきたいと思います。

友達が3人いないと観られない動画 【左上】

「絵大喜利」というタイトルのもと、ファラオに扮したりょうさんが写っているサムネイルとなっています。なかなかシュールですね。

友達が3人いないと観られない動画 【左下】

こちらは左下パート。下の部分のパートは文章を担うため、非常に重要な構成となっています。

友達が3人いないと観られない動画 【右上】

ゆめまるさんが爽やかに写っていますね。リーダーのてつやさんは顔が半分に分かれています。

ゆめまるさんのボンバーヘアーも特徴的ですね。昔の髪型がよく思い出せません。

友達が3人いないと観られない動画 【右下】

動画において最もアテンションが集まると言われている箇所「右下」。お題なんかも右下に重要なキーワードを置くと良いと言われていますね、とても大事なパートです。

まとめ:ガイドラインをいじってくる東海オンエアの発想力は凄まじい

以上、友達がいないと見ることができない動画を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

YouTubeは動画プラットフォームとして最も多くのユーザーを抱えていますが、運営側として推奨されているYouTubeの使い方はあくまで一例。

プラットフォームの提供による、クリエイターサイドの発想力は無限大といっても良いでしょう。

今回の画面分割においては、「テレビというデバイスでは不可能」なことをスマホというデバイスで可能にした新たなフレームワーク、動画の仕組み自体の一つといって良いでしょう。

毎回新たなフレームワークを生み出し続けている東海オンエアさん。今後の活動にも期待ができそうですね。

そんな東海オンエアさんも、昔はここから始まったという「初期動画」お宝映像はこちらになります。今とは全然血が懐かしい映像となっていますので、昔の映像が見たい方はこちらよりどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です