気まぐれクック「そういえば冷蔵庫に巨大サーモンあったから、それ使って飯つくってみた」

そうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、YouTuber事務所Kiiiに所属している、あの超有名魚さばき系YouTubrの気まぐれクックさんが「美味しそうなサーモン料理」を作っていたので紹介させていただきたいと思います。

気まぐれクックさんは、筆者も絶賛する最高峰のYouTuberです。まさに「好きなことで、生きていく」を体現しているその魅力をこちらの記事では紹介しておりますので、ご参考までに。

さて、そんな気まぐれクックさんは毎日魚料理の動画をアップロードしておりますが、本日の両売りはどのようなものになっているのでしょうか。ズバリこちらです。ドドン!

そういえば冷蔵庫に巨大サーモンあったから、それ使って飯つくってみた

2019年11月1日にアップロードされているこちらの動画。アトランティックサーモンが飛び出しているこちらのサムネイルはまさに「気まぐれクックさんの冷蔵庫は太平洋」を表していますね。

気まぐれクックさんは「冷蔵庫にたまたま箱うにがあったから使ってみた」「たまたまフグが入っていたから料理してみた」など、たまたまレアな魚介類が冷蔵庫に入っている系YouTuberです。

動画のコメント欄では、「うちもたまたま箱うにあるんだよね」「アトランティックサーモンって普通どの家庭の冷蔵庫にも入っているよね」などと愛のある「いじり」がされています。

いつかの動画で、「冷蔵庫の中身を全部公開します」といった動画がバズっていましたね・・・そんな気まぐれクックさんの冷蔵庫から勢いよく飛び出した一匹のアトランティックサーモン。いったいどう料理されていくのでしょうか!

一品目:アトランティックサーモンのお刺身

そしてお得意の魚捌きで、あっという間にアトランティックサーモンが3枚におろされていきます。それにしても脂が乗っていて美味しそうなサーモンですね!

気まぐれクックさんは魚をさばくときに必ず刃を入れる場所や捌き方について丁寧に解説しているので、気まぐれクックさんの動画を見続けていればいつか自分も魚が捌けるようになるのではないかと錯覚してしまいますね。教材的な役割も果たしています。

一品目の料理は「お刺身」。手がテカテカしているのが、いかにこのサーモンにサシが入っているかをよく表していますね。う〜ん、筆者もお刺身が食べたくなってきました。

二品目:アトランティックサーモンのちゃんちゃん焼き

続いては「ちゃんちゃん焼き」。濃い味の味噌ダレに絡めたアトランティックサーモンをこんがりと焼き色がつくまで焼き、たくさんの野菜を投入して野菜炒め風にするまさに「秋の味覚」。

それにしても気まぐれクックさんは動画のためとはいえ、かなりの量のちゃんちゃん焼きを作っていますね・・・笑

気まぐれクックさんの「ご近所さん」になって、差し入れをもらってみたいものです。

サーモンコース完成!ビールとともにいただきます。

手前左側からお刺身、ちゃんちゃん焼き、奥に見えるのがサーモンのカマ焼き(塩焼き)ですね。

醤油がまさにお刺身にかからんとしています。ちゃんちゃん焼きも色味が綺麗で、味噌ダレに染み込んでいる野菜とキノコたちがよだれをそそります。きっと、ビールに合うんだろうなあ・・・なんて思っていると!

出ました!おきまりの「銀色のやつ」。ジョッキには「これがビールの黄金比率だ」って書いてありますね。主観ですが、毎回7:3を目標にして注いでいるビールの泡比率は6:4なんだよなあ・・・笑

気まぐれクックさんが成功した理由は?

ということで、気まぐれクックさんの料理動画を見ていきましたが、なんだかとってもお腹が減る記事になってしまいましたね。

そもそも、「なぜ気まぐれクックさんは成功したのか?」という成功要因分析は下記の記事にておこなっておりますので、自分も気まぐれクックさんのように料理動画を上げて生活していきたい!という方は読んでみると良いのではないでしょうか。

一方で、「好きなことで、生きていけない」というのも昨今のYouTuber界隈では有名なキーワードとなっています。今はどのような動画をクリエイターとしてYouTubeにアップロードしていくべきなのかについてはこちらの記事からある「キーワード」を読み解いてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です