【朗報】気まぐれクック、ついに名古屋に店を出す。「気まぐれ食堂」の3つのメニューがすごい!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

今回は、あの「好きなことで生きていることを体現しているかのような魚さばき系YouTuber」気まぐれクックさんが兼ねてからコメント欄でも言われていたことである「店舗出店」を果たしたので紹介させていただきます。

↓気まぐれクックさんが愛される理由についてはこちらの記事でまとめさせていただいておりますので、是非ご覧ください。

ついにきまぐれクック。店を出す。

気まぐれクックさんは実際に自分の店を出すと言ったわけではなく、愛知県名古屋市の「下の一色」さんを協力店舗として監修メニューを提供するということです。

紹介されているのはこちらの動画。気まぐれクックさんは実際に店舗に赴いて、これはなし、これはあり、このメニューはこうして欲しいなどと実際にメニューを監修している様子が描かれています。

ズワイガニはやめましょうなどと、本当にカニが美味しく食べられる味付けなどを研究していました。

下の一色さんを協力店舗として、

「気まぐれ食堂」のコラボメニュー全3品

実際に提供されるメニューは以下の3種類。本当はケジャンなども出したかったそうですが、なかなか難しい面もあり調整が効いたのは以下の通りです。なお画像はイメージです。

痛風鍋(1,000円)

「痛風鍋」の画像検索結果"

痛風になりそうな食材を集めた痛風鍋です。少し前にTwitterを中心としたSNSでもかなり噂になりましたね。

牡蠣や白子、あん肝などまさにこれからの季節にはうってつけとなる痛風鍋。冷えた体を温めながら鍋をつつきたいものです。運ばれてくる状態の時は鍋そのままというわけではありませんが。

気まぐれクックさんも満足の一品となっています。「どうせなら痛風になるもの入れちゃいましょう、みんなそれを求めてますから」とかなり強気な発言も見受けられました。

ヤンニョムソースをつけたワタリガニのフリッター(500円)

「ワタリガニのフリッター」の画像検索結果"

甘辛いヤンニョムソースをつけたワタリガニのフリッターをこのお値段で提供。ズワイガニなのか、ワタリガニなのか、一体なんのカニがいいかを真剣に議論しているシーンが印象的でした。

揚げ物も気まぐれクックさんっぽくていいですね。味が濃くて名古屋っぽいものを提供したいと意気込みがありました。美味しそうです。

タイ風カレーソフトシェル添え(1,000円)

「ソフトクラブシェル カレー」の画像検索結果"

3品目はカレー。鍋と唐揚げだけではなく、それだけで食事が完了するようなメインになるものが何か欲しいよねと言った発想から、カレーになりました。

こちらも使われているのはソフトクラブシェル。からまで食べられるソフトクラブシェルは非常に美味しくカレーと甲殻類のだしもマッチするとか。

↓今年は特に、コラボカフェなどの影響でインフルエンサーを活用する店舗も増えてきましたね。例えば今話題のYouTuber芸人フワちゃんも渋谷のコラボカフェでコラボしていたり。

中京テレビ50執念を記念して開催するイベントの会場で限定販売。

これらのメニューは実店舗でずーっと販売されるわけではなく、中京テレビ放送株式会社の開局50周年を記念して開催する、「サカイホールディングスpresents SASASHIMA XMAS LIGHTS 2019」の会場で期間限定で販売されるそうです。

以下、開始概要となります(情報は気まぐれクックさんが所属するYouTuber事務所KiiiのHPから抜粋しています)

●イベント名
サカイホールディングスpresents SASASHIMA XMAS LIGHTS 2019
●イベント開催日時
2019年12月6日(金)~ 25日(水)
平日:16時~21時
土日:12時~21時
※12月7・8日のみ 10時~21時開催
●イベント会場
キャナルパークささしま パークエリア
●イベント公式サイト
https://www.ctv.co.jp/sasashima-xmas/

とても楽しみですね。筆者は東京なので、なかなか名古屋だと難しいのですが・・・行ってみたいです。

↓気まぐれクックさんは本当に気まぐれなことで知られています。今回のイベントでインフルエンサーを活用し店舗売り上げが伸びることを期待したいですね。案件料はいくらなのでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です