100万回の殺害予告を受けた弁護士YouTuber唐澤貴洋チャンネルが個性的!ゲーム実況も!

様々なジャンルのスペシャリストが続々と参入しているYouTubeですが、法律系YouTuberというカテゴリも存在しています。

資格が必要で内容も繊細な法律相談だからこそ、自分の悩みに対するリアルな回答はないかと探している人も多いジャンルです。

また、過激な内容の事例などは好き好んで見るといった層も多いので、動画プラットフォームにおいては潰えることのないコンテンツと言えるでしょう。

今回は、弁護士YouTuberの唐澤貴洋さんについて見ていきたいと思います。

唐澤貴洋さんのチャンネル基本情報

「唐沢貴洋」の画像検索結果

法律事務所stedinessで弁護士として業務を行なっている唐澤貴洋さんですが、そのYouTubeチャンネルも話題沸騰。

チャンネルを開設したのは2019年の8月。チャンネル登録者数は7万人、総再生回数は230万回の唐沢貴洋チャンネルは、ジリジリとその知名度を伸ばしています。

チャンネルコンセプトは「call in show」。海外における視聴者参加型の番組を指すこの単語ですが、視聴者からの相談をどんどん受けていくという唐沢貴洋さんの姿勢が見て取れます。

「インターネットに詳しい弁護士」としてブランディングを確立させた唐澤貴洋さんですが、その結果なんJで炎上し殺害予告を受けるなどの被害にも遭っています。

唐澤貴洋さんのYouTube動画

さて、そんな唐澤貴洋さんですが、具体的にはどんな動画をアップロードしているのかを見ていきましょう。

誹謗中傷に自分が加担していると疑われてしまったら?【弁護士 唐澤貴洋のCALL in SHOW♯01】

軽快な音楽とともに始まる法律相談。

唐澤さんのチャンネルでは、実際に視聴者の方と電話相談を繋いでおり、実際に起きている被害をどのように解決したら良いかというまさに「call in show」のやり取りをしています。

今回のテーマは「誹謗中傷」。5ちゃんねるというインターネットの事例をもとに、インターネットに強い弁護士である唐澤さんがアドバイスをする動画となっています。

SNSでの拡散についてもケースを用いた事例を説明しています。

Twitterで3,000件の殺害予告、全員を逮捕してもらえますか?【弁護士 唐澤貴洋のCALL in SHOW♯07】

唐澤貴洋さんのもっとも得意なジャンルでの電話相談です。

唐澤さんは元々「100万回の殺害予告」を受けた弁護士として有名になった人物。その件に関する本も出版しており、得意中の得意分野。

このような相談を承っているので、非常に現代に適合した弁護士として色々特殊な相談をしてみたいという方も後を絶たないそうですね。

あけましておめでとうございます スーパーマリオメーカー2に挑戦【唐澤貴洋のゲーム実況】

「私も息抜きが必要だということで、スーパーマリオメーカー2をプレイしていきたいと思います」と、謎のロジックでいきなりゲーム実況をはじめた唐澤貴洋さん。

ゲームは不慣れな様子で、恥ずかしそうにしながらも頑張ってクリアしようとする唐澤さんのどこか悲しげな表情に哀愁が漂っています。

マリオが敵に当たった時に首をかしげる様子がシュールですね。ちなみに実況と言いながらも実況している様子はほぼありません。

唐澤貴洋さんのツイッター(Twitter)

そんな唐澤さんは、Twitterを主に使って電話相談の窓口がどこであるかを告知したりしています。実際のツイートがこちら。

日時を指定して、その時間帯にYouTubeの動画のネタや自身のキャリアを積むための積極的な努力を行なっているんですね。

ちなみに、受付が終了した際にはきちんと締め切りのツイートもしており、丁寧な運用をしていることがわかります。

唐澤貴洋さんの成功が見込まれる理由

「唐沢貴洋」の画像検索結果

現状、7万人のちゃんねる登録者数を抱え、不定期に動画を更新している唐澤さん。そんな弁護士YouTuberは、今後成功していくのでしょうか?

ゲーム実況にまで手を出したお茶目な弁護士、唐澤貴洋さんはそのキャラクターが秀逸で、弁護士というかっちりとした職業であるにも関わらず行なっていることのギャップが大きい人物。

分野も資格が必要で誰も真似できない法律相談だからこそ、その優位性は確保されています。

今後は、YouTuberをメインMCとしたYouTubeない番組が誕生していくだろうと言われています。

テレビ番組である行列のできる法律相談所のように、キャラクターを光らせる法律相談コンテンツなどがYouTube上でできた時には、まず筆頭として出演していく人物になっていくのではないでしょうか。

「架空請求」などの、YouTube人気コンテンツとも相性が良さそうですね。(架空請求が人気な理由については下記の記事から紹介しておりますのでご参考まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA