【コラム】芸能人YouTuberの明暗を分けた3つのポイント

芸能人YouTuberの中で成功している人と成功していない人は、いったい何が違ったのでしょうか。

今回は、3つのポイントに分けて成功の要因を分析していきたいと思います。

ここでいう「成功」とは、チャンネル登録者数や再生回数などの数字のことをメインに指しているとお考え下さい。知名度はまた別のものだと筆者は考えています。

ちなみにYouTubeに参入することそれ自体は、芸能界とYouTubeの両方の成功者である堀江貴文さんと中田敦彦さんの対談でもほぼ「参入すべき」と答えが出ています。こちらの記事は参考まで。

芸能人のYouTube成功を分けたポイント1:スタンス面における明暗

「YouTube 芸能人」の画像検索結果

まず一つ目に関しては、YouTuberというジャンルそのものに対する意識の差です。

最初のステップで必ず理解しなければならない事は、「視聴者がテレビメディアとは異なる」という事です。

この事実が意味するのは、似て非なるジャンルに飛び込むということ、つまり「既存YouTuberは先輩である」という事を認識することが大切だという事です。

つまり、どれだけ自分に知名度があっても、YouTubeにおいては謙虚な姿勢を貫くことができるかという所が一つ目のポイントになります。

「自分なら、何をしてもある程度の人はついてくるだろう」という慢心が、車速が伸びない要因を作り出しているのです。

芸能人のYouTube成功を分けたポイント2:マーケティングにおける明暗

「YouTube 芸能人」の画像検索結果

2つ目のポイントは、マーケティング戦略そのものにあります。

あのホリエモンこと堀江貴文さんですらも、自身の開催するイベントには自ら泥臭い営業をかけているように、マーケティングの努力を怠ったクリエイターの知名度は上がるはずがありません。

わかりやすい戦略で言えば、有名YouTuberとのコラボ動画をアップロードする事でしょう。

人脈を駆使して有名YouTuberと接触し、そのYouTuberのブランディングを毀損しない範囲でコラボネタを提供、何百万人のチャンネル登録者を既に有するチャンネルで自分の動画を拡散してもらうことは非常に大切です。

江頭さんのように自分の腕一本で圧倒的な初速を生み出せるクリエイターもいますが、彼の場合はコンテンツそのものが端的でわかりやすくYouTubeの視聴層向き。スタンスも献身的でビジネス目的でない特殊なケースと言えるでしょう。

コラボ動画の撮影に漕ぎ着けるまでの営業努力、あるいは初期投資は必須と言っても良いでしょう。

ある程度メディアが取り上げることによる拡散効果もありますが、クリエイター同士の絡みを「登竜門」として捉える視聴者も少なくないのです。

芸能人のYouTube成功を分けたポイント3:コンテンツにおける明暗

「YouTube 芸能人」の画像検索結果

ようやく出てくる3つ目のポイントは、作成するコンテンツの内容になります。

芸能人がそれまでのプランスタンスを崩さないという前提で視聴者が芸能人YouTuberに求めているものは「YouTuberとしてのネタ」ではなく、「特殊技能を存分に披露する」という事が大きいです。

言い換えれば、キャラ変をしない限りは、現在バズっているネタやブランディングと同じ事をずっと続けていった方がいいという事です。

テレビで芸をしているのであれば芸を、歌を歌っているのであれば歌を、トークをしているのであればトークを。といった具合にです。

もちろん、カジサックさんのように「キャラ変」をしてYouTube向きのキャラクターを、新たに作り上げた場合は、視聴者が求めている属性は「YouTuber」になりますから、その限りではありません。

カジサックさんの成功要因分析については、こちらを参照ください。

芸能人がYouTubeで成功するための明暗まとめ

以上、芸能人YouTuberの明暗を分けているポイントを分析させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

一言でこれらのポイントをつなげるならば、「謙虚に、最初はコラボして、独自のジャンルを貫いて」クリエイター活動を継続していくことが大切だという事ですね。

もちろん、例外はあります。本田翼さんなどがその典型例で、「ほとんど動画を投稿せず、編集も自分でクオリティはそこまで意識せずに進めていく」という逆張りが成功したタレントの一人ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です