日本文化、ちゃんとわかってる?TalkInJapanさんの教育効果が高すぎる!

みなさんは、日本文化はきちんと理解していますか?

かく言う筆者も、「そんなこと全く知らなかった」という日本文化は非常に多いですし、歴史の知識なんかも浅いです。

そこに引け目を感じている日本人や、海外の方が日本について勉強するときのチャンネルとして話題になっているチャンネルがあります。

今回は、そんな日本文化について改めて掘り起こして見るチャンネル「TalkInJapan」さんについてみていきたいと思います。

まずは、チャンネルの基本的な情報から見ていくことにしましょう。

TalkInJapanさんのチャンネル基本情報

「talkinjapan」の画像検索結果

「TalkInJapan」は、日本語を勉強されている、外国人の方向けに、資格試験や日本文化などを発信しているチャンネルとなっています。

その内容は日本語の研究をはじめとして、下町の駅の映像から日本列島についての知識提供など幅広く、日本人の食事、映画館などの公共施設でのマナーなども配信してくれています。

サムネイルやタイトルのカテゴリについても和製英語やコンビニの使い方など細かくタイトル分けしており、日本のあらゆる事柄を学ぶのに適したチャンネル構成になっています。

チャンネル数字は中堅クリエイターの一角といったところで、2020年2月現在、チャンネル登録者数は6.4万人、チャンネルの合計再生回数は470万回となっています。

筆者自身も、このチャンネルを見て「自分、全く日本文化知らなかったんだな・・・」とうなだれました。

そのくらい幅広い知識を提供してくれているチャンネルなのですね。

TalkInJapanさんのYouTubeオススメ動画

さて、そんなTalkInJapanさんがアップロードしてある動画の中でも、特に筆者が面白いと感じたものをいくつかピックアップして紹介させていただきましょう。

どれも感心させられる、教育効果の高いものばかりですね。学校でこういうチャンネルが流行ればいいのにな、と思います。

JLPT N5 Lesson 1-1 Conversation「わたしはがくせいです」 I am a student.【日本語能力試験N5】

この動画は、アテイン株式会社が日本語を学ぶ外国人を対象に制作・提供している日本語能力試験対策用教材およびeラーニング用コンテンツがAttain Online Japaneseというサイトで月額料金制ですべて提供可能になります。

外国人のために日本語の試験のコンテンツをわかりやすく解説する、非常に教育効果の高い動画となっています。

JLPT N5「日本でのマナー(映画館編)」 【日本語能力試験 N5】

日本における映画館でのマナーをわかりやすく解説しています。

公共の場でどう過ごした方がいいかということは、全日本人および日本にいる全ての外国人にとって非常に足し悦なことですからね。ためになります。

こういった動画も非常に海外の方や日本の方からの賞賛を得ています。

海外の映画館は、例えば野外であったり、飲食や歓談ができるところが普通にあったりするので、そこらへんのマナーも国によって大きく違うんだなということがわかりますね。

駅や建物風景 in 御茶ノ水

御茶ノ水にある街並みを、改めて動画撮影しているコンテンツです。

御茶ノ水は各大学やラーメン屋に加えて、建造物やギターなどの文化の街でもあります。

非常にコアな人たちのスポットとなっている、外国人にとってはたまらない場所なんでしょうね。

TalkInJapanさんのTwitter(ツイッター)

更新頻度は非常に少ないですが、ツイッターアカウントも運営しています。フォロワーも非常に少ないため、この存在を知る人は数少ないのではないでしょうか。

ポルトガル語にも対応しているというこちらのチャンネル。海外戦略思考が非常に強いですね。

動画の紹介もしっかりと行います。「人力車」って、たしかに深く考えてみたことはそこまで無いですね。

桜は日本文化。桜の季節にはきちんと桜をみんなに見せようと取り組みをしていますね。

TalkInJapanさんから学ぶ「国境を越えた教育」の重要性

以上、トークインジャパンさんの紹介をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。

世界を舞台に大きな取り組み、発信をしていくという観点では、YouTubeに勝るプラットフォームは現時点でありません。

いつでも自分が主人公。

当たり前に過ごしているこの国の文化は、他の国では当たり前では無い。

自分の母国の文化について紹介していこう、学んでいこうという姿勢は、これからも多くの方の共感を得ていくことになるでしょう。

海外戦略については、参考になるクリエイターはたくさんいますので参考までにその中の1人の記事を置いておきましょう。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA