今話題の動画編集スクール「M・Eアカデミー」の評判は?本当に稼げるようになるの?動画編集の工程も一挙紹介!

「YouTuberなんて楽して稼げる職業だ!胡散臭い!」と言われていたのはもう数年前。

現在では、若者からサラリーマンまで、老若男女を問わず多くの人々がYouTuberがチャンネルを開設し運用している、あるいはしたいと考えているのが当たり前。

しかしながら、始めてみると意外と躓くのが「動画編集」

「あれ、テキストを入れるのってこんなに大変なの?」

「キャッチーなオープニングの動画で多くの人を惹きつけたいのに、上手なフォーマットが全然作れない」

「毎日動画を投稿するって、思っていた以上に時間が取れなくて大変だなあ・・・」

このような悩みは「あるある」で、実はYouTubeの動画編集にはある程度のスキルが必要であることを再認識させられます。

クオリティの高い動画編集ができないならば、企画の中身で勝負だ!と意気込んでいても、編集に長けているクリエイターを中身で抜き去るのは至難の技

最終的には「中身で勝負するのが難しいなら、どんな動画でも良いからとにかく毎日投稿をして続けることが大事だ!」と、本来やりたかったチャンネルの動画の目的をどんどん見失ってしまい負のスパイラルに陥ってしまう事も。

やはりYouTubeチャンネルの動画投稿において、本質は「視聴者が満足するコンテンツを丁寧にアップロードして、一本一本の視聴維持率を上げていく」と言う事に他なりません。

この記事を読んでいる「一視聴者」としての皆様も、YouTubeで動画を見るときに「つまらないな」と思ってしまったら、すぐに動画を見るのをやめてしまいますよね。

恐らく「つまらないけど最後まで見るか、どんでん返しがあるかもしれない」と思うのは、お金を払って現地に赴いた映画においてだけという方が大半なのではないでしょうか。

YouTube動画作成者、クリエイターとして活動する上で大切な要素は複数ありますが、今回は「視聴維持率」と「動画編集」の2つにスポットを当てて分析、そして動画編集を勉強できる「MEアカデミー」についての紹介とその評判を根こそぎ公開していきたいと思います。

動画編集は「視聴維持率」が大事。まずはリーチする視聴者のエンゲージメントを確認しよう

ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える? | 語学をもっと身近に「ECCフォリラン!」公式サイト

動画編集の前段階としてまずは、自分がターゲットとしている視聴者がみているライバルの動画を理解するところから始めましょう。

「平均視聴時間」を自分のクリエイター活動における一つのKPI(目的達成のためにおくべき指標)として、日々の動画作成を行うことをお勧めします。

YouTubeには急上昇という、指定条件に合致する動画をYouTube側から「ユーザーにとって熱い動画」として日替わりでレコメンドする機能があります。

急上昇それ自体のロジックや、急上昇をチェックした方がいい理由については下記の記事で紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。トレンドを追うことは多方面においてメリットがあり、大切ということですね。

参考:急上昇のロジックは?再生数?急上昇をチェックした方がいい理由

ここには、自分の動画がたくさんの平均視聴時間を確保していればいるほどスコアが上がる可能性というものも含まれておりますので、露出を増やすための一つのメリットとなります。

加えて平均視聴時間は、広告主の広告単価や収益にも直結します。自分が広告主の場合、最後まで見られている動画と、そうでなくすぐに離脱してしまっている動画のどちらに広告をつけたいかは明確でしょう。

ユーザーにとって価値のあるコンテンツは、エンターテイメントのみとは限らない

動画プラットフォームにおいては、必ずしもエンターテイメント要素を持つ動画が価値を持つとは限りません。

視聴者が価値を求めているもの、動画で自分の時間やお金を節約できるものというのが巷では流行っているとされています。

例えば、ハウツー動画などがその例に当たります。

視聴者が求めていることが「ゴルフを習いたいけど、ゴルフを習うためのお金がない」といったような場合に、「コーチングフィーが無料だが有益な動画」を見ることで満足感を煽る、といったような具合です。

他にも、買おうか迷っている商品のレビューがあらかじめ動画化されていることで、視聴者にとっては「購買の意思決定の一つのキーポイント」になりうるわけですね。

相互プロモーションによる、フォーマットの拡大を模索しよう

ビジネスシーンに必須! 知っておきたい別れ際のあいさつ

また、YouTubeの運営する情報サイトである「YouTubeクリエイターアカデミー」では、クリエイター同士の相互プロモーションを推奨しています。

相互プロモーションとはいわゆる「コラボ動画」の事で、チャンネル視聴者の違う層同士が互いのチャンネルに出演する事で、視聴者の相互送客を狙った取り組みになるというものです。

この相互プロモーションでは、相手型のチャンネルに出演するときはおそらく全く新しい「コンテンツフォーマット」に出会うことになるでしょう。

自分が撮影、企画したことのないようなフォーマットに触れることで、クリエイターとしての可能性をさらに模索していくことをYouTubeは推奨しているのですね。

実際には、チャンネル登録者数が多いクリエイターに引っ張られるような形になるのですが、チャンネル登録者数が少ない状態の時でも、同規模のクリエイターとコミュニケーションを取って積極的に可能性を模索していきたいですね。

参考:YouTubeにおけるヒットの法則「コンテンツフォーマット」について

上記のコンテンツフォーマットを考える上でまずしなければならないことは、「既存のフォーマットの成功例からエッセンスを抽出する」ことになります。

「なぜこの動画はこんなにもヒットしているのか」あるいは「このタイトルの動画はなぜかいつもよく見るが、「どうしてクリエイターたちはこぞってこの動画を撮影しているのか」など、紐解けば紐解くほどにその面白みは増えていくものです。

上記の記事では、具体的に海外で大成功を収めているコンテンツフォーマット「ERB」について解説・紹介していますので是非クリエイターの皆さんは参考にしてみてください。

動画編集こそチャンネルの要!面白い動画は編集がカギだ!

Googleマイビジネスに写真を設定!削除する方法もあわせて解説 | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

視聴維持率をあげることが大切だと言う事は上記で紹介させていただきましたが、そのために必要な要素に動画編集が含まれている事は間違いありません。

まずは、「動画編集って何をすれば良いの?」と言う要素を具体的に見ていく事で、イメージを膨らませていきましょう。

動画編集に必要なステップとは?

それでは、一本の動画を作成するために必要なステップは何があるのでしょうか。

<動画編集に必要な作業工程>

・間をカットする

・テロップを入れる

・画像差し込みのポイントを決める

・画像を探す、もしくは自分で作る

・効果音を入れる

・トランジションエフェクトを入れる

・オープニング/エンディングを差し込む

・サムネイルを作成する

・動画のタイトル/概要欄に記載する文章を作成する

・SNSで告知をする

・動画のアナリティクスを分析し、サムネイルを差し替える

ざっと上げるだけでもこれくらいの工程があります。もちろん運営するチャンネルによって「カットは必要なく、垂れ流しでやっている」だとか、「SNSでの告知は特にせず、YouTube内だけで完結している」といった事例はありますが、ほとんどのチャンネルは上記の工程を行っているといって良いでしょう。

実際に動画編集をしてみるとわかるのですが、それぞれの工程の中で「特にこれが大変」といった類のものではなく、「全部をこなしていくのが総合的に難しい」のです。

つい数年前までは「テロップを入れるのだけでも数時間を要して大変!」といった工数の偏りがありましたが、実は現代においてはテロップは全自動でAIが入れてくれるソフトも存在しており、実際はAIの誤字脱字を修正するだけ、といった手間のみで済むようになっています。

動画編集を1から自分で学ぶのはとても大変!

ビジネスメールとは? |ビジネスメールの教科書

そんな動画編集ですが、独学で全てを学んでいくのはとても大変です。

「編集ソフトって何を使ったらいいんだろう・・いきなり有料のソフトを買っても使いこなせるか不安だなあ」

「画像ってフリーのものを使ってもいいのかな・・収益化したときにペナルティを喰らうのではないかと不安だ」

「一本の動画を作るのに5時間もかかってしまった・・こんなの毎日続けられないよ」

これらの悩みはあるあるで、一人で取り組んでいるとどうしても挫折するポイントが多く継続は難しいものです。

こんな時におすすめなのが「仲間を探す」という事です。

同じように動画編集をしている人と友達になって切磋琢磨したり、動画編集を教えてくれる人と繋がってサポートしてもらったりといった「一人だけではない環境」を作り出していくことが継続のためには不可欠となるでしょう。

今回紹介する動画編集のオンラインスクールである「MEアカデミー」は、講師とマンツーマンで話すことができたりするなど、そういった意味でのサポート体制が豊富なので、是非参考にしてみてください。

動画編集技術が学べる!話題の「M・Eアカデミー」とは?

連載】地方銀行における持続可能なビジネスモデルの再構築に向けた取組み

今話題になっているのが、動画編集を初心者でもわかりやすく学ぶことができるオンラインスクール「MEアカデミー」。

HPをみて見ると、大まかに以下のような特徴があるようです。

参考:M・Eアカデミー HP

https://cocoima.co.jp/movie/

・多くのTOP YouTuberが採用しているAdobeの「Premier Pro」「After Effect」の基本的なスキルを学ぶことができる

・動画編集のスキルのみではなく、「動画編集のスキルを生かして、どのように実際の案件を個人で獲得していくか」のノウハウまで具体的に学ぶことができる

・わからないことや心が折れそうになった時に「マンツーマン」でプロの講師の人とコミュニケーションをとることができ、ZOOMを通じてサポートしてもらえる体制が整っている

・マンツーマンだけでなく教材として学ぶことができる動画の数も100種類以上あり、自分一人の時間でも勉強したり、後で振り返って復讐することが可能

動画編集スクールというだけあって、動画編集が一人前にできるようになるまでのスキルは学習することができます。

普通のスクールであればここで終わりなのですが、MEアカデミーでは「身についた後のスキルをうまくアピールして、実際に動画編集者を探しているクライアントとどのように折衝したら良いか」といった実践的な部分まで教えてくれるというから驚きです。

M・Eアカデミーでは、動画編集の「完全未経験者」が編集で月に10万円以上稼いでいくためには何をすれば良いのか、と言うことを教えてくれるようになっています。

世の中には、残念なことに「動画編集のスキルはとても高いのに、そのスキルを使って稼ぐことに結びつける事が上手でない人」がたくさんいます。

「動画編集の技術を身につけたい!」と考えている方のほとんどは「動画編集を通じてお金を稼げるようになりたい!」と思っていることでしょう。

実際に案件を獲得していくということは、動画編集という分野だけでなく、多くのビジネスで役に立つ基本的な事柄となりますので、これから独立を考えているサラリーマンにとって有益となることは間違い無いでしょう。

具体的には、

・動画編集で必要なパソコンのスペックやおすすめはあるの?

・動画編集には大体どのくらいの時間がかかって、休日しか動けないサラリーマンでも大丈夫なの?

といった、「動画編集を始める前段階としての不安」から解消してくれるようです。

説明会自体はLINEを介して無料で行っているようですので、興味のある方は是非説明会から参加してみてはいかがでしょうか。  

MEアカデミーの評判は?本当に稼げるようになるの?

ビジネスニュース・経済ニュースならビジネスジャーナル|Business Journal

そんな動画編集についての技術や稼ぎ方を教えてくれる「M・Eアカデミー」。

動画編集を教えてくれるオンラインスクールは数多くあるのですが、このM・Eアカデミーの評判は実際のところどうなのでしょうか。

Googleでの「MEアカデミー」の検索結果表示は429万件。もちろんGoogleのアルゴリズムにより、MEアカデミーとは直接関係のないワードが多数数含まれている中での件数ですが、検索の上位結果に表示されているいくつかのサイトに多くの口コミが掲載されていたので調べてみました。

<MEアカデミーを実際に受講した生徒がその後どのくらい稼げるようになっているのかの考察>

まず気になるのが、「MEアカデミーを受講して、結局その人たちはちゃんと稼げているの?」と言う部分でしょう。

いくら内容が良くてわかりやすいからといって、稼ぐ能力まで身につけなければあまり意味がありません。

実際の受講生がどのくらい稼げるようになったかについて言及している体験談がいくつかありましたのでピックアップさせていただきます。

https://note.com/nariaki247/n/n217622177f31

【ぶっちゃけ】MEアカデミーを受講してみた口コミと評判!動画編集スクール

今私はM・Eアカデミーに入って3ヶ月目になります。

1ヶ月目:勉強しかしてないのでゼロ

2か月目:月4万突破

3ヶ月目:月8万は見えそう

という感じですね。講師の方と週に1回通話してるので、疑問点は全て解決できていて、時間がない自分にとっては割とありがたいです。ひとまず、プレミアプロの基本的な操作を今は学び続けているという感じです。

こちらの受講生の方は、「3ヶ月目で8万円」といった収入を得ていそうです。

何かを自分で学習して、自分のスキルで月に8万円が稼げるようになることを考えてみてください。8万円と言う金額は学生時代に1ヶ月アルバイトをして稼ぐ金額とほぼ同等。そんな金額が家にいながら自分のスキルで実現できると言うことを考えたら、非常に素晴らしいことだと思いませんか?

流石に学びはじめの1ヶ月目で収益を得ることは難しそうでしたが、学んだことが2ヶ月目、3ヶ月目に着実に生きてきている成果が見て伺えます。

https://geinou0802.xsrv.jp/me-kuchikomi/

【体験談】MEアカデミーに入って動画編集で稼げたのか?【口コミ・評判】

専業主婦でわりと時間に余裕があったということもありますが、

  • 1ヶ月目・・・2万円
  • 2か月目・・・5万円
  • 3ヶ月目・・・12万円
  • 4ヶ月目・・・15万円??(いきそうです)

という感じの金額を稼げました。

こちらの受講生の方は、なんと初月から2万円を稼げていると言う結果になっているようでした。

専業主婦ということもあり、「隙間時間」を多く確保できたことが要因だと書かれていますが、いくら時間があってもいきなり学びたてのノウハウでお金を稼ぐということはそんなに簡単な事ではありません。

4ヶ月目には15万円という、大卒サラリーマンの手取り初任給にも引けを取らない金額を稼げるようになっているので、その有意義さは大したものだと思われます。

月に15万円が稼げるようになってくると、実は「動画編集を使って月に15万円稼ぐ方法」のノウハウそれ自体を自分でコンテンツとして販売することができるようにもなってくるので、収入の幅はグンと広がってきそうです。

https://speed0802news.com/6me/

【6か月体験】MEアカデミーの有料コースを受講した生の声を暴露します

先月は仕事の片手間で15万円くらい稼げたので、副業として自分の中ではかなり満足です。

あと、実際に受講してみると分かりますが、会員サイトはかなり充実しています。

さすが、この料金だけあるな〜という感じでした。

また、案件を取る部分までZOOMで講師の方がしっかりレクチャーしれくれたので、かなりありがたかったです。提案文の書き方なども指導していただき、無事に案件が取れました。

こちらの受講生の方は、6ヶ月体験コースを受講して身につけたスキルで15万円を稼げるようになったとの報告をしていました。

「案件を取る部分までレクチャーしてくれた」とあるように、個別でその人に合った提案文などを指導してくれそうなのでとても良いと思います。

人のレベルや経歴はそれぞれですので、みんなが同じような提案文章を使っても案件が取れる人と取れない人の差が出てくるのは当然のことだと思いますので、個別でお話を聞けるというのはとても良い指導方法だと思います。

https://speed0802news.com/terayama/

結論から言うと、今は大体月に15〜20万円という金額を推移しています。 

副業でこれだけ稼げているので、自分の中では上出来です。

本業と合わせると、かなりの金額になりますからね。

片手間で動画編集をして、ここまで稼げていることを考えると、本当に良かったと思ってます。

もともと農業だけではこの先不安だな〜という気持ちで、M・Eアカデミーに入って動画編集を学びましたが、もはや動画編集だけでも稼げそうだな・・・

と感じています。

この受講生の方も、「受講9ヶ月」という単位で月に15万円から20万円を稼げるようになっているそうです。

9ヶ月という期間はかなり根気のいる期間ですが、長い期間しっかりと講座についていくことができれば20万円という収入にも届きそうです。

「もはや動画編集だけでも良いのではないか」という言葉が物語っているように、いずれはサラリーマンをやめて動画編集スキルで独立、などのビジョンも描くことができそうですね。

上記4つの事例を総合して見ると、「ちゃんとやれば月に15万円くらいはいずれ稼げるようになる」と考えて間違いはないと思います。

15万円を稼げるようになれば生活自体は成り立つ金額ですので、本当にやりたいことに打ち込む時間を作ったり、次の稼ぎになるスキルを身につけるための勉強時間を確保したりと、かなり有意義なステップに進むことができそうです。

M・Eアカデミーは怪しくない?

20000以上の無料ビジネス&仕事画像 - Pixabay

さて、ここまでくると気になってくるのが「このオンラインスクール、本当に大丈夫?なんだか怪しくない?」という部分でしょう。

料金体系については「説明会に参加しないとわからない」そうです。

恐らく講座が何種類にも分かれているため、一律で開示することはできないといった意味合いなのではないかと推測されます。

説明会自体は無料で開催されているようなので、気になる方は是非参加してみると良いのではないかと思います。

<MEアカデミーの教材やコンテンツ内容について触れている受講生の声>

こちらも同様に「実際の受講生の声」をまとめているサイトをピックアップして拾ってみました。

https://geinou0802.xsrv.jp/me-kuchikomi/

【体験談】MEアカデミーに入って動画編集で稼げたのか?【口コミ・評判】

MEアカデミーに入ると、オンラインで学べる教材も一緒にもらえるのですが、そちらにぎっしりとスキルについて解説された動画が入っています。

もはや動画数がありすぎて、100個以上はあるような気がします、、、(笑)

 なので、ボリューム的にスカスカとか、そういうことはなかったです。

また、案件を取る時のコツもしっかり教えてもらったりなどしたので、その部分も大丈夫でした。

大手の動画編集スクール(テックアカデミー)とか、ムービーハックスという有名なオンライン教材でも、この案件の取り方まで解説してくれないと聞くので、そこはMEアカデミーに入って本気でよかったと思いました。

手厚く面倒を見ていただいたM・Eアカデミーの講師の方には本当に感謝です。

気になるのが、「お金を払ったのにも関わらず、なんだかんだで内容がない講座なのではないか」という点でしょう。

その点MEアカデミーでは、100を超える動画で丁寧にAfter EffectやPremiere Proの使い方を解説しているようですので、ボリューム的に満足できない、といったことはなさそうです。

また大手のスクールと比較して「案件を取るために必要なノウハウ」がやはり差別化として挙げられているようですので、この点も受講生の声から強いポイントとして挙げられていますね。

動画編集のスキルを身につけたいと思って、M・Eアカデミーに入りました!!

他のスクールでは稼ぎ方まで教われないという点があったので、ここに決めたのですが、最初は

「スキルはしっかりつくのかな?」

「稼ぐ方法に特化しすぎていて、スキルはしっかり身に付かないとかないのかな?」

と不安でしたが、そんなことはなかったです。

オンライン上で学べる動画が80個以上ありましたし、ZOOMでサポートもしていただけるので、しっかりスキルは身に付きました。

こちらも同様にコンテンツについての声ですが、やはり豊富な動画とサポート体制について触れていました。

MEアカデミーが「稼ぎ方を身につける」という事を大きなセールスポイントとしているため、実際のスキルはそこまで身に付かないのではないか、といった懸念があったようですがそんなことはなさそうです。

また、TwitterにはMEアカデミーに言及したたくさんのツイートがありましたので、その中での評判もいくつかピックアップしてみていきたいと思います。

M・EアカデミーのTwitterでの評判

Instagramビジネスアカウント移行手順と人気企業プロフィールの作り方

そんなMEアカデミーの評判を、Twitter上で調べてみました。

いくつか言及しているツイートがありましたが、「わかりやすい」「準備がされている」と高評価のものが多かったです。

いくつかツイートを参照させていただき、ツイートから読み取れる背景などと共に紹介させていただきたいと思います。

「動画編集に興味がありMEアカデミーの無料LINE講座を受けてます!動画編集って特別な技術だと思ってたけど、頑張れば出来そうって思える!」

そうなんですよね。動画編集って実は「ちゃんと頑張れば身につきやすい技術」なんです。ただ普通の人は「動画編集ってすごく難しそう・・・」「テレビ番組を作るってことでしょ?無理無理・・・」などと尻込んでしまい、結局やらずに時間が経ってしまった、と言う方はとても多いはず。

「頑張ればできそう!」と思わせてくれるのが、こういったオンラインスクールの一番の醍醐味なのかもしれませんね。

「MEアカデミーの個別面談を受けてきました! すごく良く準備されててコース受けたくなりました! でも別口のウェブデザインコースでお金なくなっちゃったから、どうしようかなぁ(;▽;)」

コースを受講する前に「個別面談」が設置されているのも魅力の一つ。

なんやかんやで大勢に向けたオンライン説明会を行い、「興味のある方はすぐに入ってください!」で終わらせてしまうスクールもある中で個別で面談を行うことができるのは安心しますよね。

「ウェブデザインコース」も稼ぎたい人にとってはスキルを身につけるとても良い機会になると思いますので注目です。

MEアカデミー 良くわかりやすくて助かります!

端的なツイートですがまさに「受講生の声」。わかりやすくて助かると言う言葉が何よりのクオリティ照明になるのではないでしょうか。

「MEアカデミーのLINE講義を受講。スキルが身についても稼ぎ方が分からないという1番の不安なところを解消してくれそうでした!あとサムネイルもちゃんとできるようになった方が良いというのも知れて良かった!」

やはりMEアカデミーの強みは「稼ぎ方の指導までしてくれる」と言う部分も大きそうですね。筆者も動画編集ができるようになってから「動画編集の仕事を受注する」までの間は独学でやってしまったと言うこともありかなりの期間を要したので、こういったノウハウを最初から教えてくれるのはとても有意義だと思います。

また、「サムネイル」についても当然ですが講義対象となっているようで、デザイン性を学ぶこともできそうです。

「今日は久々のオフ!!というか、手術後の傷口の痛みが激痛過ぎて何もできないw久々にMEアカデミーの教材を見直していると、けっこう忘れていることも多くて、改めて勉強になりました!!こういう見つめ直す一日もアリかもです!」

一旦オンラインスクールに入会して学習しても、時間が経てば内容は忘れてしまうと言う方も多いのではないでしょうか。

そんな時に「教材を見直す」事で改めて復讐できる環境にあるのは良い事ですよね。動画の数も100を超えていると噂のMEアカデミーの教材は奥が深そうです。

丸一日ボーッとしている日もあれば、こんなふうに「過去の学習動画を見直して1日を過ごす」のも有意義な休日になりそうですね。

「ME アカデミー、1週間動画編集の準備の講座を受講しましたが、とても親切丁寧な情報を得る事が出来、引き続き動画編集を詳しく勉強していきたいと思います。」

「動画編集の準備」の講座だけで1週間と言うボリュームがあるMEアカデミー。確かに言われてみれば、いきなり動画を編集すると言うステップではなく、動画編集にあたってイメージを作ったり基礎となる編集技法をあらかじめ頭の中に入れておくといったインプットは必要だと思いました。

今回紹介させていただいたツイートはごく一部ですが、これからもたくさんの方がSNSで呟いていくことと思われますので、興味のある方は是非注目してみてください。

MEアカデミーの総合的な評判

上記ではSNSや受講生の様々な声を紹介させていただきましたが、総合的には「3ヶ月以上継続して講座に取り組むことによって数万円〜10数万円の稼ぎができるようになるまでになり、教材に関しては大満足のボリュームがありそうです。

まとめ

広がりつつあるビジネスの「サブスクリプション化」メリットとデメリット | みらい経営者 ONLINE

以上、YouTubeの動画の作り方や、動画編集が学べると話題のオンラインスクール「M・Eアカデミー」についての紹介をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。

全体的にかなりボリューミーな内容となっておりますので、ここで改めて簡潔に内容をまとめさせていただきましょう。

<動画編集においての基本の考え方や編集ステップ>

動画編集において基本的なステップとなる工程を改めて復習してみましょう。

・間をカットする

・テロップを入れる

・画像差し込みのポイントを決める

・画像を探す、もしくは自分で作る

・効果音を入れる

・トランジションエフェクトを入れる

・オープニング/エンディングを差し込む

・サムネイルを作成する

・動画のタイトル/概要欄に記載する文章を作成する

・SNSで告知をする

・動画のアナリティクスを分析し、サムネイルを差し替える

実際に動画編集をしてみるとわかるのですが、それぞれの工程の中で「特にこれが大変」といった類のものではなく、「全部をこなしていくのが総合的に難しい」のです。

ざっと上げるだけでもこれくらいの工程があります。これらの工程を一人で独学でこなしていくのは非常に継続力が必要とされるため、「仲間を探していくことで心が折れないようにする」という事が大切になってきます。

<MEスクールで学ぶことができること>

MEスクールでは、主に以下のようなスキルを身につける事ができます。

・多くのTOP YouTuberが採用しているAdobeの「Premier Pro」「After Effect」の基本的なスキルを学ぶことができる

・動画編集のスキルのみではなく、「動画編集のスキルを生かして、どのように実際の案件を個人で獲得していくか」のノウハウまで具体的に学ぶことができる

・わからないことや心が折れそうになった時に「マンツーマン」でプロの講師の人とコミュニケーションをとることができ、ZOOMを通じてサポートしてもらえる体制が整っている

・マンツーマンだけでなく教材として学ぶことができる動画の数も100種類以上あり、自分一人の時間でも勉強したり、後で振り返って復讐することが可能

これらの特徴があるため、マンツーマンで丁寧なサポートを受けながら稼げるようになりたい方にオススメと言って良いでしょう。

<MEスクールは稼げるのか>

事例を総合して見ると、「ちゃんとやれば月に15万円くらいはいずれ稼げるようになる」と考えて間違いはないと思います。

15万円を稼げるようになれば生活自体は成り立つ金額ですので、本当にやりたいことに打ち込む時間を作ったり、次の稼ぎになるスキルを身につけるための勉強時間を確保したりと、かなり有意義なステップに進むことができそうです。

ただし、これらの特徴があるとはいえ、最終的には「学ぶ側の姿勢」が最も大事であることは間違いありません。

「わかりやすく説明してくれる環境」をうまく生かして、個人の努力を最大限にすることが大切です。

オンラインスクールに入ることの最大のメリットは、自分を「背水の陣」に追い込むことだと筆者は考えています。

いくら丁寧に教えてくれたからといって、そのまま自分で何もアウトプットを残さなければ何も学習していないのと同じです。

MEアカデミーのように、親切に教えてくれたりたくさんの教材が揃っている環境の中に身を置くことで自分を鼓舞し、動画編集に時間を使ってみよう、動画編集で稼げるようになってみようといった気持ちを強く持つことが大切です。

その一つのきっかけとして、オンラインスクールは良い手段かもしれないですね。

下記の記事では、YouTuberをこれから目指す人に向けた難易度や狙うべき方向性、収益などの話を具体的に紹介させていただいておりますので是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA