YouTubeが推奨する「チャンネル登録を促す最適なタイミング」は動画の終わりではない!

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

YouTubeにおけるクリエイターのための「再生回数、チャンネル登録者数」に直結するであろう有益な情報は、様々なチャネルで発信されてきました。

その結果、多くの人が行なっているが、実は本質的ではないこともたくさん蔓延しているのが実態となっています。

今回は、取り扱われることの多いテーマであるチャンネル登録の最適なタイミングや、そもそもチャンネル登録はどのようなタイミングで行われるのかということについて見ていきましょう。

チャンネル登録の誘引には「メリット提示」が必要

「視聴」の画像検索結果

チャンネル登録を促すためには、目的と理由が必要となります。

目的は「あなたのこと」「視聴者のこと」の2つの目線で提示することがベストだと言えます。

「あなたのこと」については、あなたがチャンネル登録者数を増やすことによって得られるメリットを伝えることが大切です。

そのメリットは単純に「自分がお金が欲しい」でも可能なのです。欲を言えば「この生活から抜け出したい」「こんなものを作りたい、こんな夢を実現するためのサービスを作りたい」などがあればなお良いでしょう。

「視聴者のこと」については、「この動画は前後編に別れています」「あの動画も面白いです」などといった、視聴者に見た方がいいというレコメンドを煽っていくものでも大丈夫なのです。

大切なことは、それらのことを表に出さずに視聴者が曲解指定舞うような環境を避けることなのです。

YouTubeチャンネル登録のメリットってなんだろう?登録して意味ある?

「YouTubeのチャンネル登録って本当に必要なのか?確かに便利ではあるけど動画を見ている人にとって、そこまでメリットってあるのかな。 」

この部分を突き詰めるクリエイターもかなり昔からいたようですね。

チャンネル登録は「クライマックスの後」が最も効果的

「視聴」の画像検索結果

一般的にクリエイターの中でチャンネル登録者数を促すタイミングとなっているのは、動画コンテンツのエンドロール部分となっています。

しかしながら、実際は「視聴維持率が高い瞬間」「視聴者自身がイエスマンになっている瞬間」が最も効率的だとYouTubeも示唆しているのです。

それは具体的には、動画のクライマックス、つまり検証形であれば実験検証結果が判明する瞬間、料理系チャンネルであれば料理が完成した瞬間など、動画の視聴維持率が最高の瞬間を目指すべきなのです。

動画のエンドカードでチャンネル登録を促すのは一定の効果があると俗説で認知されていますが、実際は視聴者が離脱する直前、「面白いものを見た」と感じているその瞬間を狙うべきだということですね。

チャンネル登録者数は、指定のフォーマットの発見と有効な繋がりがある

「視聴」の画像検索結果

チャンネル登録は特に「シリーズ化されたコンテンツ」を目の当たりにした時に、反射的に増えていくことが多々あります。

「このシリーズの動画がたくさんあって、そのうちの一つが面白いのだから、他の動画もどこかのタイミングで見るべきだと感じる」事が大切なんですね。

つまりは「指定のコンテンツフォーマット」を開発し、また様々なフォーマットを試していく事が大切だと言えそうです。

ここに関しては、動画の時間とも相関があるのではといったクリエイターならではの分析をしている動画もありましたので紹介させていただきましょう。

再生回数・再生時間・チャンネル登録者を増やすには10分以上の動画が効果アリ!

登録者数の増減に一喜一憂してはいけない

「一喜一憂」の画像検索結果

最後に大切なことは、チャンネル登録者数の増減は往往にして起こり得ることであり、その部分に一喜一憂していては本質を見失ってしまう可能性が高いんですね。

大切なのは、視聴者が求めている「質の高いコンテンツ」を一定の頻度で届けていくこと。

アップロードした動画が既存の視聴者にマッチしなければ、視聴者数は減ることもあるでしょう。しかしながらあなたのチャンネルはその過程を経て成長しているのです。

自分が信じることを突き詰めて、風評に負けないチャンネルを作り上げていきましょう。

効果的な動画配置については、こちらの記事で紹介させていただいておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です