「視聴者を獲得する」ためにYouTubeが推奨している5つの方法

視聴者を獲得するためには、様々な方法があります。

YouTubeのクリエイターアカデミーでは、はじめにリーチした視聴者にチャンネル登録を促すための前提として、5つの条件を推奨しています。

今回はその条件について改めて確認していきましょう。

ターゲットを絞る

「フリー画像」の画像検索結果

まずは自分のコンテンツがリーチするペルソナを制定しましょう。

例えば、自分のチャンネルは「学生に向けて」「社会人に向けて」「主婦に向けて」など、誰にとって有益なコンテンツとなるのかを理解することが大切です。

ここに対しては、自分のやりたいこと、伝えたいことを重視して策定するのが良いと思います。

最近では、クリエイター名ですでにターゲットを剪定しているケースも増えてきました。

ターゲットの選び方は年齢、性別などの情報だけではなく、地域や趣味趣向、料理などの「全体パイ」も考えられますので、ぜひ幅広い視野を持って剪定することをお勧めします。

見つけやすい動画を作成する

「フリー画像」の画像検索結果

見つけやすい動画には、一律の定義はありません。

視聴者が動画を探しているタイミングは、一人で余暇を楽しんでいる時、会話の中で検索が発生する時、あるいはビジネス的観点から常に急上昇をチェックしている時など様々です。

トピックスとなった際にすぐに発見できるよう、簡潔なサムネイルと「何をしているのか」がわかるタイトルを作成することを心がけましょう。

概要欄やタイトルなどのキーワードSEOもこの部分に含まれます。詳しくは下記の記事をご覧になってみると良いでしょう。

わかりやすい動画を作成する

「フリー画像」の画像検索結果

ここで言う「わかりやすさ」とは、「初めてチャンネルにたどり着いた視聴者が最初から最後まで動画の内容を理解できる」と言うことです。

例えば、チャンネルにたどり着いた視聴者が「身内ネタ」ばかりが詰まった動画を閲覧したところで、内容がわかりやすいと感じることはないでしょう。

「誰が見ても」わかりやすいものを作成していくと言うのは、難しいですが基本に立ち返るととても大事なことなのです。

同様に、動画の中で伝えたいメッセージ、つまりはコンテクストがなんなのかと言う部分にも留意しましょう。

ショートストーリー風の動画であれば「メッセージ」を、教育系コンテンツであれば「テーマ」、クッキングであれば「レシピ」などのコンテクスト伝達手段を常に考えておくことはとても重要です。

コラボレーションを推進する

「フリー画像」の画像検索結果

そして、自分一人での推進を限界まで行い続けると言う発想はせずに、コラボレーションによる効果的なリーチを推進しましょう。

推奨されているのはパワーバランスが均一となるような「同規模でのチャンネルコラボ」ですが、内容さえマッチングすればそれ以外の可能性もふんだんにあると言うことは頭の中に留めておきたいですね。

実際にトップYouTuberの一角を成しているラファエルさんは、「企画さえ面白ければ誰とでもコラボする」と、チャンネル登録者数数百人のクリエイターともコラボを積極的に行なっている事例があります。

より効率的なリーチをお売れ然できるようにするためにも、自分のチャンネルの視聴者情報は常に頭に入れておかなければなりませんね。

共有しやすさを強調する

「フリー画像」の画像検索結果

最後にあげられるのが、共有のしやすさです。

より良い動画は、視聴者自身の閲覧のみならず、視聴者からの拡散によって更にリーチ先を広げることができます。

その際に重要なのは、「共有したい」と思わせる動画コンセプトが一本の動画のどこかしらに要素として存在しているかどうかです。

まとめ:リーチしたターゲットを逃さない仕組みを作ろう

以上、視聴者を獲得する5つの方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

いずれにせよ大切なことは、動画のコンテンツそのもののクオリティを高めていくことです。

いいものは、一度広まりさえすれば止まることを知りません。

マーケティングについて知識がないならば、来るべき爆発の日に備えてコンテンツの拡充を計りましょう。

それらが「有機的なつながりを見せている」ことも求められますね。

参考までに、関連動画のアルゴリズムなど「エンゲージメント」について知りたい方は下記の記事をご覧になることをお勧めします。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です