圧倒的な映像美と料理。古民家ひとり暮らしさんのチャンネルが成功を確信させる3つの理由

サラリーマンとして働く毎日に、「古民家でのひとり暮らし」という憧れを持つ方も多いでしょう。

そこまでとはいいかなくとも、たまの休みには羽を伸ばして伊豆まで・・・なんて方もいるでしょう。

今回は、古民家で一人暮らしを行なっているチャンネルについて見ていきましょう。

まずは、チャンネルの基本的な情報から。

古民家ひとり暮らしさんのチャンネル基本情報

「古民家ひとり暮らし」の画像検索結果

「会社を辞め、都会から離れ、海の近くの古民家で一人暮らしをしています。」

と自身を紹介している「古民家ひとり暮らし」さん。

2020年3月現在、チャンネル登録者数は10.6万人、チャンネルの合計再生回数は5,122,847回となっています。

現在はまだ中堅層という立ち位置ですが、間違いなく「成功」を確信するチャンネルです。

とにかく一目でわかるのは「映像が普通のYouTuberとは一線を画しているクオリティで撮影されている」ということですね。テレビドラマや映画に近い画質と画角で撮影されています。

似たような構成でいえば、junskitchenさんを彷彿とさせるチャンネルであります。

古民家ひとり暮らしさんのYouTubeおすすめ動画

【一人暮らしの平日ナイトルーティン】冬の田舎暮らし。night routine

冬の平日のナイトルーティン(夜の過ごし方)を撮影した動画になっています。

コメント欄では、「良き大人の生活って感じがしてこういうの憧れる。 自分も一軒家の賃貸とか考えてるから余計惹かれますなあ。」と優雅なコメントが。

おひたしや生姜焼きもとっても美味しそうに作られていますね。「どうやったら日常をこんなかっこよく撮れるんだ…」とクオリティに感心する声も。


【一人暮らしの休日ルーティン】和食の朝食(切り干し大根の煮物、焼き鯖ご飯)/西伊豆・松崎町那賀の花畑/串カツ/エビの下処理【田舎暮らし】

焼き鯖の炊き込みご飯と切り干し大根に、大根のぬか漬けとエノキの味噌汁。

まさに「家庭」といった動画ですね。一度見だしたら食事のシーンまであっという間にワープしてしまうでしょう。

コメント欄でも、「何曜日に見ても素敵な気分になりますが、特に日曜日に古民家さんの動画を見るとホッとすると共に、また1週間頑張ろうって思います☺」と、確かに勇気を与えるような感想を持たれている方も多いですね。

【一人暮らし男性の休日】中伊豆観光/修善寺(修禅寺、竹林の小径、日枝神社)/伊豆の国パノラマパーク富士見テラス【田舎暮らし】

「今回は中伊豆エリアの観光(修善寺〜伊豆の国パノラマパーク)を楽しんだ休日を紹介します。」と紹介されているこちらの動画。

パノラマパークの他にも足湯、修善寺や竹林などの観光映像が美しい動画です。

一人で撮影しているとは思えないような「他撮り風の画角」が、旅番組感を彷彿とさせていますね。

「この動画を見て昨日「伊豆の国パノラマパーク」へ行って来ました。 帰りのロープウェイがスリリングでしたね。 でも、富士山はきれいに見れました。」

と、実際に行動に影響が出ている方もちらほら現れていますね。

古民家ひとり暮らしさんが成功を確信させる3つの理由

「古民家ひとり暮らし youtube」の画像検索結果

筆者の目から見ても、このチャンネルの成功は明らかです。

まず1つ目の理由は、「圧倒的な高画質」です。シンプルですが、映像においては最も重要といっても過言ではない部分です。

常にポートレート状態で撮影された「焦点以外がぼやけている」映像は、まるで映画のような雰囲気を醸し出しています。

そして2つ目は、料理自体の手の込み方、多数の食材を生かした「なかなか手の届かない料理」を作っているところです。

ここは主婦層が簡単に真似できるようなクオリティや手間のものではない分、一歩距離を置いた「非日常」として捉えることができます。

「古民家ひとり暮らし youtube」の画像検索結果

そして3つ目は、「哀愁を感じさせる画角と音楽」ですね。

どこか第三者が撮影しているかのような画角と絶妙にマッチしたBGMが、動画を離脱するという選択肢を視聴者から消し去っているように感じます。

筆者自体も、初めてこのチャンネルの動画を見た際は「あ、これだな」と感じました。

間違いなく、次に来る中堅YouTuberといっても良いでしょう。

Vlogで言えば、ユカフロムユタさんの動画なども勢いがあって人気です。テイストも近しいものがあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です