YouTubeを始めたてのクリエイターに伝える「コミュニティを見つける事の大切さ」とは?

YouTuberを志す人にとって最大の悩み、懸念や障壁となるのが、「一体何のジャンルの動画を作ってアップロードしたらいいのか」という部分です。

今回は、自分がクリエイターを志しているときに「コミュニティ」を見つける事の大切さについて深掘りしていきたいと思います。

これからクリエイターになりたい、興味があるけどどのようなジャンル選択をしたら良いのかわからないと言う方にとっても、いつもとは違った目線で考えるきっかけになると思います。

自分が関心のある分野の「コミュニティ」を見つけよう

「コミュニティ」の画像検索結果

最初に「何をしたらいいのか」と悩んでいるあなたへ。自分を分析してみることから始めてみましょう。

まずは、「自分の興味がある事」で大丈夫です。とにかく好きなものをリストアップして、そこから動画化することが可能なものをピックアップしていきましょう。

ここでピックアップするものは、必ずしも「多くの視聴者が関心のあること」でなくても構いません。

視聴者の中には「ニッチなチャンネルを見つけたことに対する喜び」を全面に感じる人もいるからです。

「流行っているから、面白そうだから」だけがチャンネルコンセプトのフックになることはなく、「マニアックな趣味で自分と共通項を感じる」ということも、視聴者にとっては非常に大切なことになってくるのです。

そして、興味のあるジャンルについて「コミュニティ」を見つけてみましょう。

例えば、どんな競合チャンネルがあって、どんなコメント欄の雰囲気になっていて、そこにいる視聴者の総称はあるのか、使われている単語やフレーズに独特のものはないか、などをみていくことが大切です。

そもそも論で、なぜYouTuberが人々を魅了しここまでの存在に成長しているのかと言うことは下記の記事から紹介させていただいておりますので、参考までにご覧ください。

見つけた「コミュニティ」の文化や流行りを知ろう

「コミュニティ」の画像検索結果

コミュニティやチャンネルを発見したら、そこで繰り返し用いられているコメントや「あだ名」、一体どんな企画を視聴者が求めているのかを徹底的にリサーチしましょう。

自分が運営するチャンネルカテゴリがニッチであればあるほど、そこの風土を壊すような「ご法度」動画を上げてしまう事のリスクは大きくなります。

一方で、ニッチなチャンネルを見つけたことに対する視聴者の喜びを全面でキャッチすることができれば、高い回遊率や総再生時間へと繋がっていくでしょう。

「コミュニティ」はYouTubeの内外それぞれに存在する

「コミュニティ」の画像検索結果

ここで、もう一段階外側からYouTubeにおけるコミュニティについて視野を広げてみましょう。

さて、これらのコミュニティが存在するのは、必ずしもYouTubeの中にいる視聴者の集団だけではありません。

例えば、「スマホゲーム」に関して言えば、YouTubeの外にあるSNSでコミュニティが形成されていることがほとんどです。

その多くはTwitterで関連する単語を検索すれば「誰がヒエラルキーマップの上位にいるのか」を知ることができますし、ゲームでなくとも、関連するコミュニティをSNSハッシュタグ検索で見つけることができます。

また、下記のようなこういった動画でも類似の事例が紹介されています。

【初心者向け】YouTubeの始め方・稼ぎ方を徹底解説!

イケハヤさんも、YouTuber初心者に向けた動画の中で「コミュニティを見つけていくことは非常に大切だし、ニッチなジャンルであっても可能性は等しく存在する」と説明しています。

やはり、郷に入っては郷に従えと言う文化はインターネットの中でも存在していると言うことなんですね。

YouTuberを目指すあなたに読んでいただきたい

コミュニティ形成は、一人ではないという安心感とそこにある文化をしっかりと理解するという二つの側面があります。

しかしながら一方で、あなたがクリエイターとして活動する上では「見えないものを見ていく」力が必要になってくることは明らかです。

将来を予測する力や過去に流行った動画のエッセンスを抽出する力など、本質的にあなたが成長していくことは言うまでもありません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたの成功を確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です