YouTubeが勧める「教育カテゴリ」の作成にアイデアを与える5つのポイント

教育カテゴリがより話題性を帯びた2019年のYouTube。

今からでも遅くないと、多くの人たちがこぞって教育チャンネルを運営していますが、実はその本質にはYouTubeが直々にアドバイスをしていることを知っていますか?

今回は、注目すべき5つのポイントについてそれぞれ解説していきたいと思います。

トピックを「学び直そうとしている視聴者」を忘れていませんか?

「学習」の画像検索結果

特に知識を与えるチャンネルカテゴリで運営を行おうとしている場合、視聴者の対象は大きく3種類に分けられます。

1つめは、「そのカテゴリに初めて触れる人たち」です。例えば釣りを勉強しようとしている人たちや、英語学習をしようとしている人たち、またクッキングを1から学ぼうとしている人たちがこの例に当たります。

2つめは、その分野の専門家が新たな知識を徹底的に詰め込むためにチャンネルを閲覧しているタイプの人たちです。

しかしこれらの要素には、ある一つの漏れが生じています。

それが、「過去に学習したコンテンツを、改めて学び直そうとする人たち」です。

これらの人に向けた動画も視野に入れてチャンネルを運営するのであれば、「短く簡潔に、思い出しが可能なサマリー動画」を作成することが肝となります。

この要素は、忘れてはいけません。

既存コンテンツの確認

「学習」の画像検索結果

加えて重要なことが、自分がテーマにしようとしているコンテンツカテゴリについて、他の競合や先駆者がどれだけの情報量を持っているかということです。

いわゆる「競合の調査」というものですね。

知識そのものがオープンにされていないカテゴリであれば、わかりやすいハウツーを運用することがあなたのチャンネルにとっての勝ち筋になっていくでしょう。

しかしながら一方で、すでに普及している情報がたくさんあるのであれば、あなたがすべきことは「一捻り」必要です。

自分自身のキャラクターとしての特性を加えていくか、踏み込んでいないことまで「調べて」書き加えるか。

これらのアレンジが、あなたの動画を見るべき理由として視聴者に対してエンゲージメントを促すのです。

あなたが伝えようとしていることは、最新の情報ではない

「学習」の画像検索結果

そして忘れてはならないことが、どんなじゃんすの動画をアップロードするにあたっても、業界そのものが流動的であるということです。

例えば、あなたがゲーム実況を題材にするのであれば、新しい攻略法やバグには常に目を光らせておく必要があります。

あなたがエンタメジャンルのスキャンダルを追っているのであれば、情報の信憑生やソース、最新の進捗などは常に視聴者が求めているコンテンツとなります。

このように、自分自身がすでに知識を持ち合わせていると確信しているものであっても、必ずアップデートが存在しますゆえにそのニュースなどは勉強として追っていくべきなのです。

学習だけでなく、答えを見つける過程をコンテンツにする

「学習」の画像検索結果

視聴者は、結論としての情報を求めているケースもあれば、その情報をいかにして手に入れたのか、というプロセス面を評価するケースもあります。

つまりは、実験による検証結果をあなたがコンテンツにしたいと思うのであれば、あなた自身がそのコンテンツの学習をしている過程を視聴者に見せていくことも重要になってくるのです。

それはつまり、美しい作品だけがコンテンツになりうるということではなく、その分野を学びたいと思う人にとって「あなた自身がどうやってそのコンテンツを学習したのか」という面も価値があるということです。

自分自身の学習過程もしっかりと記録に収めて、効率的にコンテンツの幅を広げていきましょう。

伝え方のプレゼンテーションは適切ですか?

「学習」の画像検索結果

そして最後に、最も重要なことが「あなたが視聴者に対して発信したいと思っているコンテンツ」のプレゼンテーション方法です。

視聴者は映像で理解したいと思っているケースもあれば、わかりやすい言葉での説明を求めているケースもあるでしょう。

デリバリーが大事となっている現代の映像コンテンツですが、その表現方法が自由であればあるほど、フォーマットには悩みが生じるものです。

だからこそ、ライバルの分析が必要にもなってきますし、コンテンツフォーマットの新たな形を試していくことにチャレンジできる環境でもあります。

ぜひこの記事を読んでいる皆様には、勉強を一つのチャンスと捉えて、その過程をもコンテンツ化していくという発想に行き着いてほしいと思います。

一方で、視聴者を獲得するためのYouTubeからのアドバイスもこちらの記事でまとめておりますので、合わせてご覧いただけるとより効果的かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です