群雄割拠のYouTuber、今だからこそ見える「参入の突破口」

今やその概念を知らない人はいないとまで言われる「YouTuber」。

始めてはみたいものの、数が多すぎて自分が参入してももう遅い、一体何をすればいいのかわからないという方がほとんどでしょう。

しかしながらYouTubeの市場はますますの盛り上がりを見せており、決して諦めるようなフェーズでないことも確かです。

今から参入するのが遅いと考えている方は一度、下記の記事を読んだ上でこの記事に戻ってきてほしいと思います。

「チャンネル登録何人」で生活できるのかの感覚が麻痺している

「YouTuber」の画像検索結果

実際、どのくらいの「チャンネル登録者数」があれば、YouTubeいぽんで生活が成り立つようになるのだろうか。

はじめしゃちょーやヒカル、水溜りボンドや東海オンエアなど、チャンネル登録者数が300万人を優に超えるクリエイターを日々目にすることが可能な環境ではその感覚が麻痺してしまっているでしょう。

彼らの年収は「億越え」が当たり前ですが、月収10万円〜20万円、つまりは生活が成り立つレベルでチャンネル登録が必要な水準はジャンルにもよるが「月間50万再生」があれば可能なのである。

この「月間50万再生」というのはつまり、毎日動画を投稿するクリエイターであれば「一ヶ月の間に自分の投稿した動画全ての再生回数の合計が50万回になれば良い」という事。

極端な話、動画を1,000本アップロードしていれば、それぞれの動画の再生回数が月で500回ずつあれば達成できる水準であるということがわかります。

決して不可能ではない、現実的なこの数字を人々は「トップYouTuberによるまやかし」で不可能なものと思い込んでしまっているという現実もあるのです。

「ながらYouTuber」こそ参入の突破口

時間のない現代人にとって、動画撮影や編集の時間は致命的。であるからこそ、自分の生活の一部を切り取った「ながらYouTuber」こそが参入の突破口になるのです。

基本的な考え方としては、自分の生活を見直してみて、その中で動画コンテンツとして成立するような部分があるのであれば、そこがコンテンツになるという考え方です。

いわゆる「VLog」と呼ばれる、日記を動画の形で保存するというコンテンツが流行っているのもこの流れを加味すれば容易に理解できるでしょう。

VLogが先行しているアメリカでは、まさにタイム・マシーンモデルの先行形態として「生活を二重にコンテンツ化する」VLogが最適解と導き出されているのです。

日本のクリエイターも徐々にこの実態に気づいており、日常を切り取ってコンテンツを生み出すクリエイターがたくさん現れています。

パーカーさんなどを代表とする大学生チャンネルや、クッキングチャンネルの大量増加などがその典型的な例と言えるでしょう。

文明は進化し、機材は手元にある

撮影に対してそこまでハードルを感じる必要はありません。

いつも慣れ親しんで使っているあなたの手元のiPhoneこそが、撮影の機材となるのです。

下記の記事では徹底的に機材の比較などを行なっておりますが、大切なことはスマホでも撮影できるということを理解することそのものが大切なのです。

動画を撮影するということそのものに対するハードルは、現代社会では意外と低くなっているんですね。

画質も一定レベルを超えればそこまでストレスに感じる人はいなくなっていくので、スマホをうまく使える人こそがビジネスにおいても成功していく社会になっているのですね。

踏み出す力が、自分の人生を変える

「YouTuber」の画像検索結果

ここまでくればあとは実行するだけ。

あなたの日常に彩りを加えるためには、あなた自身が行動することが全てなのです。

この記事にたどり着いたあなたは、おそらくYouTuberに対して好意的、あるいは踏み出そうか迷っているに違いありません。

趣味を仕事にすると人生が幸せになるといった話はよく耳にしますが、結局のところお金をどう稼ぐかということが大事であることに変わりはありません。

踏み出す人はほんの一握り、ライバルは意外といないというのが世間の実態なのです。これだけ話題になってもまだ、出遅れている人が大半だということは理解しておいて損はないでしょう。

その変革のチャンスを捉えることができるように、当サイトも応援し続けています。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA