YouTubeが推奨する「広告掲載に適した説明文」とは?〇〇はNGだった!

YouTube動画を作成した際、見落としがちなのが「概要欄」です。

しっかりと作った動画に文章的な付加価値を与えてあげる事で、より検索流入が見込めるようになったり、広告主から見てわかりやすく、広告を掲載するのに適している動画だと判断することができます。

概要欄については別途使い方などをこちらの記事で説明しています。

今回は、「広告主の視点から見た時に」概要欄がどうあるべきかということについて見ていきたいと思います。

正確なタグ、説明を追加する

ビジネスイメージ写真素材を新規公開しました!(商用利用可・Sサイズ ...

まず重要なことは、当たり前ですが動画の内容と動画の説明文が一致していることです。

例えば、食レポの動画なのに、概要欄で「これは化粧品の動画です」などと偽りの情報を記載してしまうと、

広告主としては化粧品を売りたいのに、全く違う視聴層にアプローチしてしまうこととなり、広告来生から除外せざるを得なくなってしまいます。

また、トレンドを狙って全く関係のないハッシュタグを設定したりするのも気に入るの点からは逆効果です。

あくまでもユーザーがその説明文と動画の内容を見たときに一貫性があるように内容に統一性を持たせましょう。

不敬な要素など、禁止事項を含む単語を使用しない

ビジネス / 金融の画像・写真・フォト素材 - ビジネス / 金融の写真 ...

YouTubeのコミュニティガイドラインにおいては、性的な内容や暴力的な内容、不敬な内容などを含むコンテンツを禁止事項としています。

一つでもこれらのガイドラインに抵触している動画があると、チャンネル全体の評価が著しく下げられてしまい、広告主が広告を設定するにふさわしくないチャンネル、という評価を受けてしまいます。

コミュニティガイドラインは積極的にチェックし、禁止事項を含むワードが説明文に内科は都度チェックしていきましょう。

詳しくは、下記の記事にも記載させていただいております。「炎上商法」がマネタイズに向かない理由がこのガイドラインになるのです。

広告主の設定する除外条件に注意する

ビジネスシーン[11022004199]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

加えて注意しなければならないのが、広告主が意図的に除外している検索ワードになります。

例えば、健康食品などの効果が人によって変わるセンシティブな商材の場合、「必ず痩せる」などの意思を持って購入した消費者からのクレームを避けるべく、あらかじめ除外条件として設定されている場合があります。

自分がつけたいジャンルの広告主が何を気にしているのかは、ある程度事前に調べておいたほうがいいのかもしれませんね。

「もっと見る」の上、最初の数行に情報を組み込む

こんな使い方もOK!でも、これはNG!写真ACの写真使用方法について ...

概要欄をユーザーが閲覧する時、最初の数行しか基本的には表示されていない状態から、ユーザーが「もっと見る」という部分をクリックすると追加の情報がテキストで現れる仕様になっています。

従って、この「もっと見る」より上にある部分にはシンプルに動画の説明を、それ以降にはSNSの情報や裏話などの「付加価値の低い」情報を置いておくと効果的です。

ここはテキスト表示を行う際は、上位情報ほどユーザーにとって価値のあるべきものである、という原則に従っていればOKです。

タイムスタンプや再生リストへのリンクを行う

ビジネスウーマンの写真素材(No.40364604)。写真素材・イラスト販売の ...

特に、再生時間が非常に長い動画の場合は、重要な部分だけを切り取ってみたいという視聴者も多いでしょう。

そんな時に有効なのが、タイムスタンプをあらかじめ概要欄などに説明文として挿入しておくということです。

タイムスタンプとは、「10:02」など動画の中の指定の時間に直接繋がっているリンクの事で、例えばトークテーマが分かれている動画の場合などは、「質問編は5:00」「回答編は10:00」などのように説明文を入れておくと効果的です。

加えて、適切な再生リストに動画をリンクする事で、視聴者のエンゲージメントの高い回遊を目指しましょう。

ユーザーインターフェースのプレビューをする

ビジネスノマドの働きかた】第9話 フリーエージェントの情報収集と ...

そして忘れてはならないのが、これらの効果を測定するためには、まず自らが一ユーザーとして実際に説明文を動画をみながら読んでみて、「この文章だと目に届かないな」などのPDCAを繰り返す事です。

どれだけタイムスタンプや適切な説明文が書いてあっても、表示がものすごく後ろになってしまったり、大量のリンクの後に説明文をつないだりなどした場合は、視聴者に見てもらえる可能性は非常に低くなります。

自分が作ったものはなかなかプレビューするという癖がつけにくいので、ここは癖をつけておくと良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA