【速報】「ヒカル砲」炸裂、ロコンドとのタイアップで株価を17%アップ+サーバーダウン

どうも、YouTuber分析家のヒトミです。

影響力を持ったYouTuberが次に段階で直面する「この影響力をどのように活用していくか」という段階で、様々なクリエイターがアイデアを絞ってマネタイズの形を見せています。

中でも優れているのがヒカルさんの「企業に対する営業力」。

今回は、実際にヒカルさんとロコンドさんがタイアップした事例をもとに、そのマネタイズの「新たな世界」について見ていきたいと思います。

ヒカル:新たな形でロコンドから「CM」を取りに行く営業

事の発端はこちらの動画。色々あった宮迫さんと、ロコンド(靴の通販サイト)に対して営業を仕掛けるというものです。

この動画の構成自体もドッキリ風で、宮迫さんとロコンドノ社長が対面した時のなんとも言えない空気感がエンターテイメント性を感じる瞬間でもありますね。

大スター宮迫とヒカルをテレビCMに出してくれと上場企業の社長に直談判してみた

ヒカルさんの戦略はこう。「まず自身の手がけるブランド「ReZARD」とのタイアップ商品を開発し、そのタイアップ商品がロコンド経由で目標数売り切れたらCMに出して欲しいと提案する」というもの。

卓越したヒカルさんの営業能力と「夢を見せる力」、そして必ず実現するという自身に満ち溢れた態度がロコンドの社長を動かしました。

ロコンドの社長自身も、「今年はCMは控えようと思っている」と行った経営方針を覆し、「やりましょう」とまで言わせることができています。

この動画の公開概要欄にはすでにタイアップ商品のリンクが掲載されており、このリンクにアクセスが殺到し自体は急展開を迎えます。

ヒカルの影響力によりロコンドのサーバーが一瞬でダウン

結果から言うなれば、ヒカルさんの影響力によりロコンドのサーバーは一時的にダウン。いきなり4,000万円の売り上げをノンストップであげたというから驚きです。

【速報】ヒカル砲によりロコンドのサーバーがダウンし17時間で4000万売れて株価高騰のお祭り騒ぎに…

こちらの動画で詳細は語られていますが、ロコンド側も「最大限にサーバーを強化した」万全の状態で望んだそうですがあえなく撃沈。

新時代の「物販」の行われ方として、いかにインフルエンサーが与える影響が大きいかが証明されました。

ヒカルさん自身も「サーバーがダウンすることはあらかじめわかっていた。俺はどんなサーバーも落とすことができる」と自信満々に、そして冷静に自分自身の影響力を分析していました。

抜群の影響力と抱える「信者」の強さ、一緒の方向を向かせる力は日本のクリエイターの中ではヒカルさんがダントツで一番なのではないかと筆者は感じています。

ロコンドの株価は一時17%高まで上昇する「お祭り騒ぎ」に

ユーチューバーのヒカルとロコンド田中社長が異色のコラボの裏側を語る ...

サーバーがダウンするほど影響を受けたロコンドですが、その影響はなんと株価にも表れています。

動画が公開されてから、なんとこの現代社会の逆境を乗り越えて、ロコンド株は取引開始から前日の終値705円より120円(17.02%)高い825円と爆騰してスタート。

日経平均が急落している現状から見ても、「日本経済にプラスの影響を与えたYouTuber」として、新たな層から注目が集まっています。

コメント欄でも、「日本の救世主だ」などと、新たな信者が集まってきている様子が見て取れます。

自身がVALU騒動で負の影響を経済に与えた過去のあるヒカルさんも、今回の影響でイメージを上書きすることに成功したのではないでしょうか。

参考:YouTuberの新たなマネタイズ領域

現代では、YouTuberがその影響力を活かして様々なビジネスを開始しています。

最近では、元カリスマブラザーズのメンバーで現JJコンビのジョージさんとジローさんを中心としたベンチャーキャピタル設立などの報道もありました。

自らの投資した企業を自らの影響力で拡大していくというもはや裏技のような方法ですが、YouTubeというぷチエルっとフォームはこのようなビジネスモデルへの橋がけすらも可能にしているんですね。

また、基本的に「影響力を持つと何ができるのか」といったことについては下記の記事で改めておさらいしてみると良いでしょう。

まだまだ参入は遅くないYouTube。あなたがクリエイターデビューするときには果たしてどのようなビジネスモデルが生まれているのでしょうか。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA