【究極の減量食】「沼」「マグマ」「セメント」謎の料理でダイエットを考案するYouTuber達

コロナ太りという言葉通り、外出自粛期間中に太ってしまった方も多いと思います。

外に出れないストレスからたくさん食べてしまったり、作るのが面倒くさくて出来合いの物を食べていたら太ってしまったりと、理由は様々だと思います。

そんな方におすすめしたいのが、この「沼」「マグマ」「セメント」です。

この3つはれっきとした料理名ですが、明らかにおいしくなさそうですよね。

写真を見ても、人が食べるものではない印象を受けます。

むしろ食欲が湧いてきません。

しかしこれらの料理は見た目に問題があれど、味良し、バランス良し、腹持ち良し、とダイエットの強い味方になってくれる料理なのです。

もともとはボディービルダーの減量食として考案されたものですが、手軽で身近にある食材でできるということから、YouTubeにもたくさんの作ってみた動画が投稿されています。

中にはオリジナルにアレンジしたものや、女性向けのものまであります。

まずは、この料理を考案した人達から見ていきましょう。

沼、マグマ、セメントの考案者

この料理は、マッスルグリルというYouTubeチャンネルで投稿されています。

リアル刃牙? 人気YouTuber「マッスルグリル」に聞く、正しいジム選び ...

そしてこのチャンネルのメンバーは、シャイニー薊さんとスマイル井上さんで構成されています。

それでは詳しいプロフィールを見ていきましょう。

沼、マグマの考案者

名前:シャイニー薊

本名:薊 優希(あざみ ゆうき)

年齢:1987年6月1日生まれの32歳

出身地:埼玉県蓮田市

職業:ボディービルダー

セメントの考案者

名前:スマイル井上

本名:井上 雄策(いのうえ ゆうさく)

年齢:1988年12月30日生まれの31歳

出身地:東京都墨田区

職業:格闘家

お二人とも身体を使う職業とあって、食事には相当気を遣っているみたいです。

沼、マグマ、セメントのレシピ

1.沼のレシピ

材料・米 272g

  ・わかめ おもむろにひとつかみ

  ・干し椎茸 おもむろにひとつかみ

  ・オクラ 10本

  ・鶏胸肉 679g

  ・塩 おもむろ

  ・カレー粉 おもむろ

  ・水 1.8L~2L

作り方・10合炊きの炊飯器を準備

   ・米を入れる

   ・鶏胸肉以外を入れる

   ・鶏胸肉を入れる

   ・炊飯

   ・6~8時間保温

たったこれだけです。

夜に炊けば朝には食べられます。

長い時間放置したものは質感が違うそうです。

また、これだけだと脂質が足りないので夜ごはんに卵2個食べるとバランスが良くなります。

「水分率が上がる=カロリーが低い」ですので、ダイエットにもってこいですね。

誰が作っても同じ味になるのも簡単で時短なこの料理ならではです。

2.マグマのレシピ

材料・米 272g

  ・干し椎茸 おもむろ

  ・オクラ 10本

  ・トマトホール缶(カットトマト缶でも可) 1缶

  ・玉ねぎ 5個

  ・にんにく 5片

  ・ささみ 12本

  ・塩コショウ 適当

  ・マジックソルト おもむろにボーン

  ・水 10合炊きの窯の8分目まで

作り方はだいたい沼と同じですが、玉ねぎとにんにくをフードプロセッサーにかけます。

味はイタリアンな沼、トマトリゾットに近いです。

上品ににんにくなしでも十分美味しいですが、オクラは鶏胸肉を柔らかくするために必須です。

3.セメントのレシピ

材料・米 250g

  ・ブロッコリー 1株

  ・レタス 小1玉

  ・玉ねぎ 1つ

  ・しめじ 1パック

  ・白だし おもむろ

  ・鶏胸肉 540g

  ・水 1L

こちらの作り方もだいたい同じで、違うところは鶏胸肉以外の食材を細かくすることだけです。

水分量が少ないため、炊く前に米に水が行き渡るようにすると生炊きを防げます。

ねちょねちょした感じ、カレー、色などの沼の苦手な部分を全てクリアした料理です。

また、放置する時間も30分だけとのことで、手軽さがよりアップした感じですね。

油をチョコで補うとのことで、甘いものを食べたい方にもおすすめです。

まとめ

これからの時期、特に夏場は保温状態で置いておくのは食中毒にもなりかねないのでそこだけ注意しましょう。

Amazonで10合炊き炊飯器で調べると、カレー粉も一緒に買った人が多いということから、いかに沼が流行したかが伺えますね。

マグマも女性の好きなトマトが入っていますし、セメントも一番食べやすそうですね。皆さんも是非試してみてはいかがでしょうか。

マッスルグリルさんをはじめとして、マッチョなYouTuberさんのまとめは下記の記事からしておりますのでぜひ気になる方はご覧になってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA