エミリンがUUUM退社「力を込められるきっかけを作りたい」語られた200万人への情熱とその先

今や子供に大人気の職業、YouTuber。

そんなYouTuberの中でも最近爆発的な人気を博している、エミリンチャンネル。

UUUMに所属しているYouTuberの中でも、かなり勢いのあるクリエイターとして大注目され、順風満帆に見えていたエミリンさんですが、ここでのUUUM卒業発表が話題になっています。

今回話題になっているのがこちらの動画。

多くのYouTuberがUUUMを卒業している中、エミリンさんもその「大きな波」に乗っていたのです。

本日UUUMを卒業いたしました!

何か揉め事があったなどでは決してなく、もともとフリーで活動したいという意向があり、UUUMもその事は理解していたとのこと。

フリーで独立して、「次のステージ」に行くためにUUUMを辞めたので、特に何かがあったわけではないと動画の中でも強調されており、おそらくそこに嘘はないと思います。

「卒業」という言葉を使っているのも、UUUMに対する敬意の表れなのだと思います。

もともと社員としてUUUMを受けに行った時に、いやいやもっとYouTuberとして頑張りなよ、などと言われた過去も思い出として語っています。

公開から24時間も経たないうちに、7,500件を超えるコメントが動画に寄せられる

エミリンさんが動画を公開してから、多くの反響がコメント欄を埋め尽くしました。

その一部を抜粋して紹介させていただきたいと思います。

「エミリンが事務所に所属していようがいまいが、私は毎日エミリンチャンネルを見てケラケラ笑うことに変わりはありません。これからも応援しています」

「エミリンのUUUMでの存在感がなさすぎて、あんまり衝撃がないっていう」

「なんか何年か前までは100万人ってだいぶすごいことだったのに、今のYouTuberの人たちはだいたい100万人行ってて時代を感じる」

「所属事務所退社したりするのって普通企業に勤めていた人が退職するのと一緒だよね。それだけなのに勝手に推測とか色々いう人の意味はよくわからない」

など、非常に様々な意見がコメント欄を埋め尽くしていました。

ここで重要なのは、「UUUMに限らず、事務所を退所することそれ自体がニュースにまで取り上げられるほど、YouTuberという職業が世間を賑やかしている」ということそれ自体ではないでしょうか。

YouTubeの急上昇ランキングをこのようなニュースが占める事は、数年前まではあり得なかった。誰もそこには注目していなかった、というようなことが、今や当たり前にニュースになっていることに時代を感じます。

UUUMから「卒業」するという事は何を意味しているのか

UUUMは、クリエイターのマネジメントを行う会社です。

その会社から独立するという事は、自分で営業から経理、法務や会計まで全てを担っていくということになります。

当然、広告収入の手数料を払わなくていい分、自分の実入りは増えますが、ここからは一人の世界。

「自分を追い込む環境を作りたかった」と話しているエミリンさんは、ここから自分の「会社」を経営していくことになります。

幸いにも、周りには「経営者」であるヒカルさんやラファエルさんなどのクリエイター友達が多くいるので、必要な知識などはそこで仕入れることも可能です。

自分自身を奮い立たせ、年内に200万人登録を目指すと力強く語ったエミリンさんのその瞼の先には、明るい未来が広がっていそうです。

最近では、関根りささんもUUUMから脱退し大きな反響を呼びました。関根りささんについてはこちらの記事からどうぞ。

参考:関連記事

【徹底解剖】吉本興業とUUUMの資本業務提携の先にある未来

ビッグネーム同士の資本業務提携の狙いや「一体何が行われていたのか」ということについて解説しています。

【コラム】木下ゆうかが、OTOZUREに所属。目指す海外戦略を最大限にサポート

UUUMを卒業した木下ゆうかさんが、新しい事務所に入ったというニュースです。一体何を求めて「事務所」を変えているのでしょうか。海外戦略について解説しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA