YouTubeアナリティクスとは?視聴者属性や流入経路が確認できる?

YouTuberという言葉が溢れている現代社会において、世の中のYouTubeというプラットフォームへの関心は非常に高まってきています。

流れに身を任せて自分でチャンネルを開設してみたはいいものの、「投稿した動画のパフォーマンスが良いのか悪いのか、一体どこを改善したら良いのかわからなくて困っている」という方も多いはずです。

今回は、そんなYouTubeにアップロードした動画のパフォーマンスを確認できる便利なサービス「YouTubeアナリティクス」について解説していきたいと思います。

まずは、YouTubeアナリティクスはどこにあるもので、どのように入っていくのかの手順を確認して行きましょう。

Youtubeアナリティクスのページへの入り方

YouTubeのチャンネルアカウントをお持ちの方であれば、YouTubeのホーム左上に「クリエイターツール」と呼ばれる「クリエイター専用の分析ツールや配信ツール」がまとまった項目をクリックすることができます。

「クリエイターツール」をクリックした後、「アナリティクス」という真ん中下辺りに存在する項目をクリックすると、「YouTubeアナリティクス」へと飛ぶことができます。

ここで様々な情報分析ができるアナリティクスですが、まずは「自分の動画をどの期間分析するのか」という部分を設定する必要があります。

集計期間の設定をする

YouTubeアナリティクスには様々な項目が存在しますが、まず大事なポイントが「集計期間」になります。

「集計期間」とは、あなたのYouTubeチャンネルを分析するにあたり、「過去7日間」で分析するのか、「1年間」で分析するのかなどの期間を設定することができる項目です。

当然のことながら、分析期間が短ければ短いほど「最近アップロードした動画のトレンドに即した」傾向が確認でき、反対に分析期間が長ければ「チャンネル全体の傾向、特徴」を知ることができます。

どちらの方が優れている、といった優劣はなく、分析したいポイントによって集計期間を決めていくことが大切です。

またこの集計期間を設定する際、動画ごとに期間を設定することが可能になっています。

特定の動画についてのみ分析をしたい場合、また「クッキング動画シリーズ」などのシリーズ化された特定のジャンルについて分析をしたい場合は、該当する動画を選択すると良いでしょう。

以上で集計期間の設定は完了となりますが、続いてはYouTubeの動画で「最重要」とも呼ばれている、視聴維持率についての項目を見ていきましょう。

視聴維持率

YouTubeアナリティクスの中では、投稿した動画が「平均でどのくらいの時間再生されているか」という指標を見ることができます。

この視聴維持率を確認することは、アップロードした動画がきちんと視聴者に見られているかを確認するための大変重要な指標になります。

例えば視聴維持率が50%を超えている動画と、視聴維持率が10%しかない動画を比較すると、10%しかない動画は「もうこの動画は飽きた。途中で見るのをやめてしまおう」と多くの視聴者が離脱している傾向がわかります。

それに対し、視聴維持率が50%の動画においては「視聴者が楽しみを持って動画を見てくれている」ということが対照的に分かります。

もちろんこの指標は「動画の時間が長ければ長いほど、視聴維持率は短くなる」という当たり前の相関があるのですが、同じくらいの時間の動画の人気度を比較するにあたっては、かなり重要な指標となることは間違い無いでしょう。

個々の動画の再生に関するパフォーマンスが確認できたら、続いては「一体視聴者はどのような人で、どこから自分の動画を見ているのか?」という情報の確認に移って行きましょう。

再生場所

アナリティクスページの左側から見ることができる場所の一つとなっていますが、「視聴者は一体どこで自分の動画を見ているのか?」を確認する指標となります。

この文脈における「どこ」とは、視聴者が住んでいる地域や国のことではなく、「どのページに埋め込まれた動画ソースをクリックすることで、自分の動画が再生されているか」という指標になります。

ブログやSNSなど、複数の場所に自分のYouTube動画リンクなどを掲載している場合、視聴者がどこから自分の動画を踏んでいるのかがわかる指標となっています。

この指標は「URLを貼るべきSNSやプラットフォームが適切であるか」を見直す際に役に立つ指標となっています。

ここでたくさんリンクが貼られていても全く再生されていない、リンクがクリックされていないSNSやブログページなどはむしろ逆効果で、「クリックをするための誘導」に改善を行うか、または「全く別のページにURLを変えていく」という変更が必要になってきます。

また「どのURLから飛んできたか」だけではなく、「どのデバイスから飛んできているのか」という情報も合わせて確認することができるようになっています。それが「トラフィックソース」と呼ばれるものです。

トラフィックソース

前項の「再生場所」が、どの場所に置かれているURLを踏んだかを確認する指標であったのに対し、「どの検索エンジンやデバイスを使って動画が再生されているか」という指標を確認することも可能になっています。

この指標は「トラフィックソース」と呼ばれ、「ユーザーが使っているのがPCなのかスマートフォンなのか、また使っている検索エンジンはGoogleなのかYahooなのか」といった、ハードな情報を手に入れることができます。

「モバイルファースト」が叫ばれる現代において、いかにスマホからの流入を増やしていくか、といったことも動画の再生回数を伸ばしていく非常に重要な分析と呼べるでしょう。

また検索エンジンも「Googleの数は非常に少ないのに、Yahooからの流入はなぜか多い」などの情報に気づくことができれば、検索エンジンごとの評価特性などを改善する手助けになっていくことでしょう。

逆に「Googleからしか流入がない」のであれば、一度Yahooやbingなどで実際に自分の動画のキーワードを入力、検索してみて、表示がそもそもされているのかということを確認する作業も必要になってきます。

ユーザー層

また、「どこから見ているのか」といった状況を推測するための再生場所やトラフィックソースに対して、「誰が見ているのか」といったユーザー属性を分析するための場所も用意されています。

それが「ユーザー層」というアナリティクス左側から飛ぶことのできる項目になっており、「自分のチャンネルの動画を見ている視聴者の年齢や性別、居住地」などの情報を見ることができます。

これらの情報はGoogleアカウントに紐づいている情報から分析されており、例えばユーザーが「25才、男性、日本居住」という情報で登録したGoogleアカウントが自分の動画を再生した場合、その情報がユーザー層情報として蓄積されていくことになります。

この指標は多くのYouTuberが重要視している指標になっており、「自分のチャンネルの動画は本来大人向けコンテンツなのに、蓋を開けてみると実際には子供の再生しかとれていない」などのチャンネルマーケティングの方向性を修正するためのきっかけとすることができます。

反対に「意外と子供にみられているのであれば、むしろそちらをターゲットに動画作成をしていったほうが良いのではないか?」といった、現在再生されているユーザーに合わせてコンテンツを作成する、などの戦略も立てることが可能です。

またどうやら「主婦層」と呼ばれる、子供がいて自分自身も動画を再生する時間が潤沢にある層をどのようにして獲得していくか、という事が多くのクリエイターの中で議論されているようですね。

まとめ

以上、YouTube分析ツールである「YouTubeアナリティクス」について解説して行きましたが、いかがだったでしょうか。

再度各項目の要点をまとめていきましょう。

「集計期間」:自分のチャンネル動画をどの期間分析するのかを設定できる

「視聴維持率」:動画ごとにどのくらいの時間再生されているのかを確認できる

「再生場所」:動画がどのURLから再生されたものであるかを確認できる

「トラフィックソース」:動画がどのデバイスや検索エンジンを使って再生されたものであるかを確認できる

「ユーザー層」:動画を見ているユーザーの年齢や性別などの情報を確認することができる

という非常に便利な情報確認ツールとなっています。

もちろんこのツール、年会費などはかからず無料で自己分析のできる優秀なツールとなっておりますので、チャンネルを運営している個人、企業の方などはこの数字分析を行なっていくことでより良いチャンネル構築に役立つことは間違い無いでしょう。

アナリティクスを理解したら、次は実際の広告額の計算について見て行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA