児嶋一哉、川口春奈…今年ブレイクした芸能人YouTuberを番付

「チャンネル開設元年」とされた2019年から1年が経ち、いまや芸能人がYouTubeチャンネルを開設すること自体は全く珍しいことではなくなった。特に2020年は、手越祐也、神木隆之介など大物が次々と参入。

芸能人YouTuber業界は戦国時代に突入した。そこで、2020年にブレイクを果たした芸能人YouTuberを、チャンネル登録者数や再生回数だけではない独自の基準で「番付」してみた。

前頭三枚目から順に紹介する。横綱、大関、関脇については、自身もチャンネル登録者数200万人を誇るママYouTuberとして活躍し、YouTubeに関する情報発信も行うなーちゃん氏にコメントとともに選出してもらった。

なお、それぞれのチャンネル登録者数は2020年12月24日時点のものである。

【前頭三枚目】EXILE ATSUSHI「EXILE ATSUSHI スナちゃんTV」(2020年1月開設、登録者数57万人)

EXILE ATSUSHI、本日付でEXILEを勇退しソロ活動に専念「ここからが本当の人生のはじまり」(コメントあり) - 音楽ナタリー

11月2日をもってEXILEを勇退し、ソロ活動に専念するATSUSHIのYouTubeチャンネル最大の特徴が、チャンネルで得る収益を児童養護施設など子どもたちの支援に充てている点だ。

ATSUSHIは、2015年から法務省より委嘱される「矯正支援官」の役割を担当し、もともとチャリティ活動への感心が高い。その姿勢がYouTubeチャンネルの運営方針にも表れており、「さすがATSUSHI」と称賛されている。

現在はヒット曲のカバーや、EXILEのメンバーが出演する動画が人気を集めているが、支援活動についても発信すれば、どんなYouTuberよりも説得力をもって受け止められそうだ。

【前頭二枚目】アンジャッシュ・「児嶋だよ!」(2020年7月開設、登録者数77.8万人)

アンジャッシュ渡部の騒動に対して相方の児島がYouTubeで語る | ニコニコニュース

相方・渡部建と比較してポンコツキャラ扱いされがちだった児嶋が、YouTuberとして意外なブレイクを果たしそうだ。7月に投稿した「最強デカ目になれる地雷系メイクしたらガチ盛れたんだけど…」が280万再生を達成したのを皮切りに、メイクやネイルといったテーマの動画を定期的に投稿している。

児島が素直にオシャレを楽しんでいる様子は、女性目線でも応援したくなるものだ。ファッション誌に登場したり、化粧品をプロデュースしたり、YouTubeを飛び出した活躍が期待できる分野であるだけに、今後の動きに注目される。

【前頭筆頭】「はーちゃんねる」(2020年1月開設、登録者数123万人)

川口春奈、過去の試練を乗り越え躍進 生来の“気高さ”でSNS強者にも(オリコン) - Yahoo!ニュース

女優YouTuber業界は本田翼「ほんだのばいく」(登録者数219万人)がトップを独走している状態だが、2020年にチャンネル開設し、一気に人気者の仲間入りを果たしたのが川口だ。

里帰りの様子を撮影した「実家でお母さんに会ってきた!【Vlog】」「実家でまったり過ごします!【Vlog】」はどちらも600万再生を超えている。  

YouTubeでは自然体を売りにする芸能人が多いとはいえ、大河女優が実家でミカンを剥く姿まで披露したのはすごい。本田翼のゲーム好きのようなキャラクターをひとつ提示できれば、さらに伸びそうだ。

【小結】香取慎吾「SHINGO KATORI」(2020年1月開設、登録者数40.5万人)

香取慎吾 - 映画.com

これまで「新しい地図」メンバーにおいて、草なぎ剛がYouTube担当だったが、香取も新たにチャンネルを開設。瑛人の『香水』など人気楽曲をカバーしたり、楽器を演奏したり、自身が制作したアート作品について語ったりと、企画の内容は実に幅広い。

また、かつて“慎吾ママ”で一世を風靡しただけに、香取が扮する“しんごちん”というキャラクターも伸びしろがありそうだ。多彩な企画を楽しむうちに、自然と香取慎吾という人間そのものに興味が湧いてくる。

【関脇】江頭2:50「エガちゃんねる」(2020年2月開設、登録者数227万人)  

YouTuber宮迫と江頭2:50の明暗が別れた訳 | 週刊女性PRIME | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

初動画では「お尻習字」を披露し、YouTubeでも規格外ぶりを発揮した江頭。広告審査がなかなか通らない悩みはあったものの、この頃は「輪ゴムスイカ爆発を尻で受ける」「犬の美容室で散髪」といった破天荒な企画に加えて、食レポなどのYouTubeらしい企画も増えてきた。

上半身裸に黒タイツではない、江頭の素の表情はある意味レア? 「『エガちゃんねる』はダークホースで、エガちゃん自身がYouTubeに非常にマッチしたキャラクターだったことと、企画の改善を繰り返した点に感心させられました。

チャンネル開設当初は、エガちゃんらしい無茶苦茶な動画が注目されましたが、7~8月あたりから釣りやネイチャー(自然系)企画に移行したところ、過激さが落ちたためか、数字も落ちました。

しかし、10月あたりから、メイク企画など『女性』というワードで人気を取り戻し、11月からは食べ物系の動画も数字を伸ばしています。

自分のキャラクターやチャンネルのコンセプト、視聴者の観たいものをマッチさせる工程をしっかりと行なっています。試行錯誤の中で『エガちゃんねる』らしさを見出したとき、どの動画をあげても再生されるチャンネルに仕上がります。今後さらに安定感をつければ不動の地位を築くでしょう」

【大関】オリエンタルラジオ・中田敦彦「中田敦彦のYouTube大学」

中田敦彦はなぜテレビの仕事を減らしたのか | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

(2019年4月開設、登録者数332万人)  中田は、歴史や時事問題、ビジネス術などについて解説する動画を投稿し、教育系YouTuberとして人気を集めている。

ただ、なーちゃん氏が注目しているのは、11月21日よりスタートした新番組『WinWinWiiin(ウィン ウィンウィーン)』だ。

こちらは中田と雨上がり決死隊・宮迫博之によるトーク番組で、それぞれのYouTubeチャンネルで展開されている。記念すべき初回は、元ジャニーズの手越祐也をゲストに招いた。スタジオの華やかなセットや、テロップの出し方などは地上波バラエティと遜色がないクオリティだ。

「宮迫さんと2人で立ち上げた『WinWinWiiin』への期待から、中田さんを大関に選びました。『テレビっぽい企画』をYouTubeで展開する点がポイントです。

また、中田さんはYouTuberとして人気を集めるだけでなく、中田さんが運営するオンラインサロンの会員数を順調に伸ばした点でも強いです」

【横綱】「貴ちゃんねるず」(2020年6月開設、登録者数144万人)

とんねるず・石橋貴明とTVディレクター・マッコイ斉藤による公式チャンネル。4年の執行猶予期間が満了した元プロ野球選手の清原和博との「男気じゃんけん」や、ロックダウン~オープンアップまでの4段階で飲食店を評価する「東京アラートラン」といった企画が人気を集めている。

〈石橋貴明がノリだけで何でもやっちゃう番組〉という番組冒頭のテロップの通り、古き良きバラエティ番組を彷彿させる雰囲気だ。 「『貴ちゃんねるず』は、“テレビっぽい動画”をYouTubeに適応させた力量が素晴らしく、他の芸能人チャンネルとは一線を画しています。

多くのYouTuberは、ヒット動画のトレンドに乗るため、他のYouTuberによる人気の動画や、それに関連する内容の動画を企画します。しかし、『貴ちゃんねるず』は、独自の『面白そう』な企画を打ち立てています。

また、編集に関しても、テロップの付け方やテンポ感がテレビ番組そのものです。

ヒカキンさんのようなエンタメ系YouTuberは、効果音やBGMやテロップを多用しますが、『貴ちゃんねるず』はテロップも少なく、シンプルな作りです。  インターネットのコンテンツだと、視聴者の体感時間が3倍遅く感じるために、テンポの良い編集をすることが一般的にもかかわらず、『貴ちゃんねるず』の編集は、真逆なテイストです。

YouTubeの視聴者の年齢層が上がり、テレビを見ていた層が流入しているのかもしれません」(なーちゃん氏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA