増え続けるYouTubeの登録チャンネルを整理できるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

無料でたくさん登録できてしまうYouTubeチャンネル。

その数が増え続けると、せっかく見つけたチャンネルの大半が埋もれていくことになります。

最近では「メンバーシップ」と言う制度も解放され、一部有料会員のような仕組みもあるのですが、基本的には無料で登録できる事に変わりはありません。

登録チャンネルのグループ分けができるChrome拡張機能PocketTube

実は、Google Chromeには拡張機能と呼ばれる「指定のサービスと連携して、より便利な機能をChrome上で提供するサービス」が備わっているのです。

あまり知られていないこのサービスですが、YouTubeだけでなくとも「Amazonで商品を見ながら、他のサイトでいくらで売っているのかを見られる」と言った相見積もりのようなこともできるのでお勧めですよ。

今回は、登録チャンネルのグループ分けができるChrome拡張機能PocketTubeで、見たいYouTube動画へ簡単にアクセスできるように整理してみましょう。

チャンネル一覧からグループに追加できる

PocketTube-4
Screenshot: 山田洋路 via YouTube/PocketTube

『PocketTube』をGoogle Chromeに追加すると、YouTubeページのサイドバーに「購読チャンネルのグループ」なる項目が追加されます。

ここの「+」ボタンから、ジャンルなどザックリと新規グループを作成していきます。

PocketTube-3
Screenshot: 山田洋路 via YouTube/PocketTube

グループが作成できたら、次は登録済みチャンネルの振り分けです。

「購読チャンネルのグループ」をクリックするとダッシュボードに飛びますので、「チャンネル」タブの一覧から各チャンネルのホームページに遷移。「登録」ボタン横のプルダウンメニューから地道にグループに追加していきます。

作業を進めるにつれてスッキリと心が軽くなっていくのがわかりますよ。

チャンネルの数が多い人ほど、「大掃除」のような感覚でこの作業を進めることができるためお勧めでしょう。

新規にチャンネルを登録する際には、各YouTube 動画のページから振り分ければOKです。

グループのフィルタリング表示にも対応

PocketTube-1
Screenshot: 山田洋路 via YouTube/PocketTube

ダッシュボードのグループタブからは、作成したグループにアイコンを設定することも。

アイコンにすることでより利便性が増します。

また、任意のグループをフィルタリング表示できて、見たいチャンネルへのアクセスが格段に向上します。

PocketTube-2
Screenshot: 山田洋路 via YouTube/PocketTube

月額3ドル(約300円)の有料プランに加入すれば、サブフォルダをつくったり、チャンネルの更新期間を色で確認したりもできるようで、一段と整理が捗りそうです。

YouTubeのデフォルト機能に統合して欲しいぐらい便利な『PocketTube』は、chrome ウェブストア公式ページから追加が可能。基本プランは無料で利用できます。

参考記事:YouTubeにおける動画配置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA