インフレする「誕生日企画」YouTuberヒカルから宮迫博之、相馬トランジスタ、捧さんに見る魂のプレゼント

YouTuberのヒカルが5月29日、30歳の誕生日を迎えた。

ヒカルは兵庫県神崎郡市川町出身。本名:前田圭太(まえだ けいた)。

Twitter上では「#ヒカル生誕祭」のハッシュタグがトレンド入りするなど、まさに「日本を代表するインフルエンサー」としての実力を顕にしているヒカル。

【産んでくれてありがとう】30歳の節目で母親に初めての感謝を伝えてきました

そんなヒカルは自身の誕生日に、YouTube上で家族コンテンツの一つである「母親へ感謝の気持ちを伝える動画」をアップロード。

この動画は20時間で64万再生と、そこそこの滑り出しだ。

コメント欄では感動を伝える一言がこれでもかと羅列。2,700件を超えるお祝いのコメントで溢れかえっている。

ヒカルは、これまでも「壮大な誕生日企画」を祝ってきた。

捧さんの誕生日にヘッドスパの施術プレゼントと見せかけて店舗丸ごと渡しちゃうドッキリ

ヘアメイクの捧さんの誕生日には、美容室の店舗をそのままプレゼントするというかなり大掛かりなお祝いドッキリを実行。

「プレゼントは、物だけに止まらないのか」と大きな反響を呼んだ。

相馬さんの誕生日にガチで家プレゼントしてみた

NextStageのメンバーである相馬トランジスタへの誕生日プレゼントも、「家」という有様。

もはや止まらない王者の風格。プレゼントの上限は存在しないのか。

【号泣嗚咽】宮迫さんが過去に盗まれた腕時計をサプライズで渡したらガチ泣きしてなにも話せなくなった…

ヒカルが「おとん」と呼ぶ宮迫博之氏へのプレゼントも、想いの詰まった時計を渡し大号泣の映像がアップロード。

ただ単にお金を使うのではなく、「お金があるからできる感謝の気持ち」の伝え方に非常に優れている。

ヒカルはやはり「唯一無二」の存在としてこれからもYouTube界に君臨し続ける事だろう。

参考:なぜYouTuberヒカルは唯一無二の存在なのか。そこに仕掛けられた「漫画のストーリー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA