高杉真宙がYouTubeエミリンと「世田谷ベランダの恋」へ出演、語られた想い

俳優の高杉真宙が25日、都内で人気YouTuberのエミリンとダブル主演するドラマ「世田谷ベランダの恋」(全4話、YouTubeチャンネル「ドラマティックトーキョー」で配信中)の取材会に出席した。

初共演のエミリンとは共通の趣味であるアニメの話題で意気投合。2人とも「とらドラ!」がお気に入りで、高杉は「それを聞いて『友達になれる!』と思った」と声を弾ませた。

役柄については「その優しさはどこからくるんだろうと思ってもらえるように、つかみどころのないキャラにしたかった」と語った。

ベランダの壁をぶち破って登場する劇中の一場面にちなみ、高杉は「役者として壁にぶち当たったら、『まぁいいか』『やるしかない』と言い聞かせて乗り切るようにしています」とこだわりを明かした。

4月に所属事務所を退社して独立した。新たな環境で「会社の法務や税務も考えるようになって、自分の未熟さと責任を感じるようになった」。今後に向けて「いつまでも演技をやっていけるように、必死に役者として成長していきたい」と抱負を語った。

チャンネル登録者150万人を誇る人気YouTuberのエミリンはドラマ初挑戦。高杉の第一印象は「顔ちっちゃ!」。小顔ぶりに衝撃を受けたという。

劇中で腕をギュッとつかまれる場面があり「全女子がドキッとする胸キュンシーンです」とアピールした。

報知新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA