【徹底解説】次世代型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」の使い方、登録、出品、購入方法は?

NFTを売買するプラットフォームとして最もメジャーなものは「OpenSea」ですが、

日本で「最も期待されているNFTプラットフォーム」として今現在注目を集めているのがこの「XANALIA(ザナリア)」です。

今回の記事では、Metamaskを使ってXANALIAに登録する方法や、実際にNFTを出品するまでの手順、またNFTの購入方法などを説明したいと思います。

YouTuberがNFTアートとして自らの作品を販売する未来もかなり近いのかもしれませんね。

XANALIA(ザナリア)の登録方法は?Metamask?バイナンス?

XANALIA(ザナリア)のホームページにアクセスすると、以下のような画面に辿り着きます。

右上の「ログイン」ボタンを押すと、以下のような画面が出てきます。

ログインには4つの方法が示されており、基本的にはウォレットを使ってログインすることが求められています。

ここでは、「メタマスク」を使ったログイン方法を紹介したいと思います。

メタマスクの登録方法や使い方については、こちらの記事を参考にすると分かりやすいです。

メタマスクを選択すると、以下のような画面が出てきますので「承認」を押して進めましょう。

続いて、以下のような画面になるので「ネットワーク変更を許可」をクリックします。

メタマスク上で承認が行われると、ログインが完了し以下のような画面になります。

右上に「接続済」と表示されていればOKです。

XANALIA(ザナリア)におけるNFT出品方法は?

ホームメニューの左下「NFTを作成する」をクリックすると、以下のような画面に遷移します。

自分が出品したいNFTデータをドラッグ&ドロップし、説明を入力します。

販売形式を固定価格形式、オークション形式から選ぶことができるので、自分の好きな形式で販売価格を決定しましょう。

著作権料の設定項目がありますが、これは「自分の作品が転売された際に自分に入ってくる手数料率」と考えると良いでしょう。

「出品する」を押すと、上記のようにメタマスク上でGAS FEE(手数料)を支払う画面に遷移するので、そこでFEEを支払えば出品完了です。

GAS FEEを支払うのに十分な資金がない場合には、上記のような画面が出ます。

XANALIA(ザナリア)におけるNFT購入方法は?

ホーム画面の「MarketPlace」をクリックすると、たくさんの作品が画面上に並んでいるページが出てきます。

試しに一つクリックしてみると、以下のような作品購入画面に遷移します。

ここで「購入」ボタンをクリックすると、同じくメタマスク上で購入を確認するよう求められますので、そこで承認すれば購入完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA