【速報】コムドット、炎上を乗り越えやまと著書の『聖域』がベストセラーに

コムドットのリーダー・やまとさんによる初のエッセイ『聖域』の発行部数が22万部を突破。

10月5日に発表された「トーハン」の週刊ベストセラーでは、第1位にランクインした。

“地元ノリを全国ノリに”を掲げるコムドット

コムドットやまと『聖域』

コムドットは“地元ノリを全国ノリに”をスローガンに、2018年10月に活動を開始した5人組YouTubeグループ。 “今最も勢いがあるYouTuber”との呼び声も高く、チャンネル登録者数は244万人を突破。

YouTuber宴会騒動やコンビニでの騒音騒動などの不祥事により批判にさらされ、一時は活動を休止することもあった。

特にYouTuber宴会騒動では、宴会に参加しただけでなく路上での立ちション姿が激写されるなど、世間に醜態を晒した。

炎上を活動の糧に、挑戦の1冊

炎上を踏まえてその都度反省しながら活動の糧にし、現在「年内にチャンネル登録者数300万人」を目標に活動を続けている。

そんなコムドットのメンバー、やまとさんによる初のエッセイ『聖域』は、これまでを振り返りながら、自身を構成する要素や今後の挑戦について語った一冊。

メンバー間でもたびたびいじられるほど、自他共に認める自信過剰でナルシストなやまとさん。

同書を「若者たちの新聖書」とし、「この本は夢が見つからない人、やりたい事がない人の明日を生きる足場になります」と説明。

その右肩上がりの知名度に応じて、エッセイもすでに「ベストセラー」に域に到達している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA